« 人権救済に関する国会論議始まる 議事録作成中 | トップページ | 全国人権連も加盟する国際人権活動日本委員会が法務大臣と会見 »

法務省は文科並みに回答の掲載を。省に要望した。

法務省政策会議
http://www.moj.go.jp/seisakukaigi/top.html

第1回法務省政策会議議事要旨
10月15日
・人権救済機関の設置と取調べの可視化については,どのような時間的
目標をもって取り組む予定なのか。

・政策決定のプロセスはどうなっているのか。どの時期にどのように決
まるのか,情報を提供して欲しい。我々が問題提起をして要求すれば,
勉強会を開いてくれるのか。

第2回法務省政策会議議事要旨
10月21日
・取調べの可視化に加えて,夫婦別姓や人権救済法などの法案について,
しっかり取り組んでいくべきである。
・マニフェストで掲げられている人権救済機関の設置についても,民主党
の案はできている。日程的にどのような絵を描いているのか示していただ
きたい。

「youshi1.pdf」をダウンロード
「youshi2.pdf」をダウンロード

|

« 人権救済に関する国会論議始まる 議事録作成中 | トップページ | 全国人権連も加盟する国際人権活動日本委員会が法務大臣と会見 »

つれずれ」カテゴリの記事