« 自民党法務部会長 森まさこ | トップページ | 「人権情報センター絆(きずな)」(仮称)の設立に向けた準備 »

悪質「貧困ビジネス」 えせ同和の排除を

<解説>無料低額宿泊所 悪質「貧困ビジネス」にメス
毎日新聞2009年10月23日(金)13:00


http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/20091023ddm002040055000c.html

 厚生労働省の無料低額宿泊所見直し案の全容が明らかになった。厚労省の調査によると、無料低額宿泊所は都市部を中心に全国で439カ所。6畳程度の部屋をベニヤ板で間仕切りして「個室」と称し、生活保護受給者を詰め込む施設も少なくない。事業者は入所者の生活保護費から利用料を徴収しているが、運営実態が不明朗な業者が後を絶たない。厚労省の制度見直し案はこうした「貧困ビジネス」にメスを入れるものだ。

 強制的な調査権限のない自治体にとって、実際の経費と徴収額の差額が何に使われているかを解明することは困難だ。規制強化を求める自治体からの声も受け、厚労省は生活保護費を実態に合わせて支給し施設運営の透明化を図ることにした。

 こうした規制強化の一方で、厚労省は優良事業者への財政支援も検討している。「アメ」と「ムチ」を使い分け、雇用情勢の悪化などで増え続ける生活困窮者の自立支援機能を強化したい考えだ。【無料低額宿泊所取材班】

………………………………………………………………………………………………………

 ◆無料低額宿泊所の見直し案

・住宅扶助の支給額見直し

・施設人件費を別枠で支給

・金銭管理を公的機関に委託

・優良施設への財政支援

・施設を機能別に分類

・自立可能な人の入所期間を制限

|

« 自民党法務部会長 森まさこ | トップページ | 「人権情報センター絆(きずな)」(仮称)の設立に向けた準備 »

つれずれ」カテゴリの記事