« 全国アイヌ民族ネットワーク会議の結成へ | トップページ | 市職員は自治労府本部の役員で、環境局で公務に従事しながら 人権擁護委員 »

参院選「1票の格差」。これこそ裁判員の良識が必要。

参院選「1票の格差」、最高裁が「合憲」と判断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000718-yom-soci

9月30日15時29分配信 読売新聞
 議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が最大4・86倍だった2007年7月の参院選挙区選の定数配分は違憲だとして、東京、神奈川の2選挙区に住む有権者11人が、各都県の選挙管理委員会に選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の上告審判決が30日、最高裁大法廷であった。

 大法廷は定数配分を合憲と判断、請求を棄却した1審・東京高裁判決を支持し、原告の上告を棄却した。裁判長の竹崎博允長官は法廷で、「投票価値に大きな不平等のある状態で、国会で速やかに適切な検討をすることが望まれる」と述べた。

 参院選定数訴訟の大法廷判決は今回で8回目。最高裁はこれまで、3年ごとの半数改選や都道府県単位の選挙区といった「参院の特殊性」を考慮し、最大格差が6・59倍だった1992年選挙を「違憲状態」とした以外は、5・85倍までを合憲としてきた。

 しかし、近年、最高裁の判断は、1票の格差を厳しく見るようになってきており、今回の判断が注目されていた。

 08年3月の1審・東京高裁判決は、「不平等は憂慮すべき状態だが、見過ごせないほどではない」と述べて、請求を棄却していた。



|

« 全国アイヌ民族ネットワーク会議の結成へ | トップページ | 市職員は自治労府本部の役員で、環境局で公務に従事しながら 人権擁護委員 »

つれずれ」カテゴリの記事