« 閣僚記者会見 千葉景子 20090916 | トップページ | 人権侵害救済機関のありよう、議員立法の性格ではない。審議機関の設置を。 »

法務副大臣、政務官

政府は18日、鳩山内閣の副大臣22人を決定した。

 【法務】

 加藤公一氏(かとう・こういち)東京20区。党国対副委員長。上智大。当選4回。45歳。

『次の内閣』法務副大臣
法務委員会理事




政府は18日、鳩山内閣の政務官25人を決定した。

▽法務 中村哲治〈1〉=参
中村哲治。1971年生まれ。参議院議員。前 衆議院議員(民主党)。奈良県生駒市出身。

■[政権交代へ]奈良県第2区 滝まこと当選 奈良県第2区

http://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/searchdiary?word=%2a%5b%c0%af%b8%a2%b8%f2%c2%e5%a4%d8%5d

報告が遅くなりました。申し訳ありません。

8月30日の衆議院選挙。私が選対本部長を務めた奈良県第2区・民主党公認候補「滝まこと」の当選が決まりました。日にちが変わって、0時6分の当確だったので、ひやひやしました。

事前のマスコミの調査が良かったので、ゆるみがちな選対事務局を毎日引き締め、結果、辛勝だったので、やりがいがあった選挙だったとふり返っています。

公職選挙法の規定により、ここで当選御礼についての記述を書くことができないのですが、多くの支援者に感謝を申し上げたい気持ちはいっぱいです。「ありがとうございました。」と書けないのが、とても残念です。

民主党全体としても、308議席。政権交代が実現しました。

私は、実は、これからが勝負だと思っています。1955年体制から54年。事実上、自民党の一党支配の構造が、初めて変わるこの機会に、政権を担当する民主党がきちんと取り組まなければ、私が目指してきた「一票が生きる、本当の意味での国民主権の国」は実現できません。

民主党に支援してくださった方々に、さらなる御支援をお願い申し上げます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

|

« 閣僚記者会見 千葉景子 20090916 | トップページ | 人権侵害救済機関のありよう、議員立法の性格ではない。審議機関の設置を。 »

つれずれ」カテゴリの記事