« 同和地区所在地問い合わせ 自治体の対応 | トップページ |  実現すべき政策に優先順位を »

同和と銀行 解同元支部長の利権の構図 

同和と銀行
三菱東京UFJ“汚れ役”の黒い回顧録

(現代プレミアブック) (単行本)
森 功 (著)

第15回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞した巨弾ノンフ ィクション連載、満を持しての書籍化

『許永中 日本の闇を背負い続けた男』の著者が放つ待望のアンダーグラ ウンドノンフィクション。

行政、警察、国税、芸能界……。各界に太いパイプを持ち、バブル期の関 西圏の開発に多大な影響を及ぼした財団法人「飛鳥会」理事長・小西邦彦。 三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)淡路支店に着任した岡野義市の最大の 使命は、最も神経を遣う取引相手である“同和のドン”の懐に飛び込むことだった――。


単行本: 269ページ
出版社: 講談社 (2009/9/4)
ISBN-10: 4062156881
ISBN-13: 978-4062156882
発売日: 2009/9/4
Amazon.co.jp ランキング: 本 - 215位


目次

はじめに

第一章 飛鳥会事件の深淵

「銀行本部の指示で……」
闇に葬られた銀行との蜜月
部落解放運動へ
駐車場利権の深層
『一三、八〇〇円』の時代

第二章 経済成長期の裏側で

銀行員になるんや
入行時の「格差社会」
情実と実力
たたき上げ行員の出世
引き継ぎノート
ドンの懐に飛び込む

第三章 アングラ取引の隆盛

入札のシステム
一打一五〇万円のパット
常務決裁を求めた緊急融資
ヘリで運ばれた許永中関連株
偽米国財務証券事件

第四章 政財界との闇ネットワーク

貸金庫から見つかったピストル
小西が主催した社長週就任祝い
山一抗争の緊張
態度を急変させたマルサ
小西肝いりの建設会社
接待を受けた大阪国税局幹部は……
警察にも及んだ威勢
高級車「代金」の振り込み
ビルのなかに道路を通した

第五章 企業用心棒として

ドンの夜の伴
銀行のルール、小西のルール
大和銀行と岸組
ミナミの暴れん坊
サウナ「あすか」という社交場
持ちつ持たれつ
住銀との融資合戦

第六章 華やかな舞台の楽屋裏

芸能界との接点
勝新夫妻が参列した葬儀
形骸化したしきたり
梅田スカイビルの"ゴミ利権"
セコム創業者との意外な関係

第七章 バブルに浮かれた者たちの末路

興銀を手玉に取った尾上縫
「神様のお告げ」
「縫の会」の結成
「銀行を儲けさせただけやないか」
プロジェクト開発室とナショナルリース
木津信組乱脈経営の遠因
検察のタニマチの役割
阪急延伸計画の頓挫
得体の知れない会社
片福連絡線建設の裏工作
沙汰やみになった捜査

第八章 どぶに捨てた八〇億円

銀行側の裏切り
「捨てるのだから触るな」
エリート行員「排ガス自殺」の深層
飛鳥会理事長への就任要請

おわりに

無垢のドンを変えた銀行
最大の賛辞




森功のブログ
http://mori13.blog117.fc2.com/blog-entry-551.html
早くも重版決定「同和と銀行」
 昨日、講談社の担当編集Kさんから連絡を受けました。
「嬉しい知らせです。今日、重版が決まりました。すごく早いペースです」
 発売4、5日目ですから確かに早い重版。まとめ買いではなく全国まんべんなく売れ行き好調だそうです。さすが講談社、Kさん、ありがとうございます。



|

« 同和地区所在地問い合わせ 自治体の対応 | トップページ |  実現すべき政策に優先順位を »

つれずれ」カテゴリの記事