« 愛荘町・同和対策固定資産税減免。廃止していないのも問題だが・・・。 | トップページ | 障害者・女性・子どもなどの個別人権監視機関の有り様との整合性も議論が必要。 »

人権擁護法案の仕切り直し いかに国民合意を得るのか

【新政権発足】千葉法相 死刑執行に慎重姿勢
2009.9.17 00:47
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090917/trl0909170048000-n1.htm


千葉景子法相は17日未明の就任記者会見で、思想・言論の自由の制限につながると指摘される人権侵害救済機関について「国際的にみても(設置が)当たり前の機関だ。実現に向けて早急に取り組みたい」と述べ、内閣府の外局として設置する考えを示した。

 自民党政権での人権擁護法案は、救済機関を法務省の外局としていたが、「言論の自由を奪う」などとする党内の強い反発から提出を見送った。民主党案は、内閣府の外局とすることで官邸直結とし、救済機関の権限・影響力の強化が図られている。

 また、千葉氏は、死刑執行について「死刑は人の命にかかわるので法相の職責を踏まえて慎重に取り扱う」と慎重な姿勢を示した。死刑制度の存廃については「広い国民的議論を踏まえて道を見いだしたい」と述べた。

|

« 愛荘町・同和対策固定資産税減免。廃止していないのも問題だが・・・。 | トップページ | 障害者・女性・子どもなどの個別人権監視機関の有り様との整合性も議論が必要。 »

つれずれ」カテゴリの記事