« 障害者・女性・子どもなどの個別人権監視機関の有り様との整合性も議論が必要。 | トップページ | 閣僚記者会見 千葉景子 20090916 »

法務委員長、滝実

民主党は17日、衆院の民主党系会派として常任、特別委員長などの人事を内定した。18日の衆院本会議などで選出される。内定した委員長、会長は以下の通り。

 【常任委員会】

 内閣、田中慶秋▽総務、近藤昭一▽法務、滝実▽外務、鈴木宗男▽財務金融、玄葉光一郎▽文部科学、田中真紀子▽厚生労働、藤村修▽農林水産、筒井信隆▽経済産業、東祥三▽国土交通、川内博史▽環境、樽床伸二▽安全保障、安住淳▽国家基本政策、大畠章宏▽予算、鹿野道彦

法務、滝実
http://www.taki-makoto.jp/ayumi.html#houmu

1. 一人ひとりを大切にする 
  ①自然災害被災者生活支援法(被災世帯100万円を基準とする生活支援金の創設)の制定に尽力(1998年)
→2007年改正(住宅再建に最高300万円の支援金へ)

  ②奨学金の大幅拡充(平成1998年)
→高校奨学金を地域改善事業から一般事業へ転換(2001年)

  ③人権教育啓発推進法の制定(2000年)を推進

  ④人権擁護法案の成立を目指す(2000年以来)

  ⑤選択的夫婦別姓法案の成立を目指す(2002年以来) 

経歴 http://www.taki-makoto.jp/rireki.html
昭和37年 3月 東京大学法学部卒業
昭和53年 4月 奈良県総務部長
昭和56年 4月 奈良県副知事
平成 5年 1月 自治省税務局長
平成 7年 1月 消防庁長官
平成 8年10月 衆議院議員初当選
平成13年 1月 総務大臣政務官
平成14年 1月 総務大臣政務官(2回目)
平成16年 9月 法務副大臣
(平成17年7月まで)
平成19年 7月 新党日本を離脱して無所属に
平成19年12月 民主党より次期総選挙推薦決定

2009年7月21日の衆議院解散後に民主党へ入党し、奈良2区の同党公認候補者となり、高市を僅差で破って小選挙区で5回目の当選を果たした。



|

« 障害者・女性・子どもなどの個別人権監視機関の有り様との整合性も議論が必要。 | トップページ | 閣僚記者会見 千葉景子 20090916 »

つれずれ」カテゴリの記事