« 無免許で交通事故、人権同和係長 | トップページ | 知る権利は誰のため。行政情報はオープンに。大阪市、東近江市。寺園氏のブログより。 »

『差別と日本人』 解説に問題多く、角川書店に資料提供 全国人権連

09年8月25日 火曜日       

  全国人権連は6月24日、角川書店編集部に、新書版「角川ONE21『差別と日本人』(著者野中広務、辛淑玉)6月10日発行」で、辛淑玉氏の部落問題を めぐる解説に事実を歪曲・誤認が多いことから、読者に部落問題の理解に偏見を招きかねないとして、資料を提供し善処をもとめました。

 これに対し、7月3日付けで、角川書店編集局、角川ONEテーマ21編集部より「弊社の書籍、角川ONEテーマ21『差別と日本人』につきまして、このた びは貴重なご意見、ならびに資料のご提供を賜り、誠にありがとうございました。頂戴した資料は参考とさせていただき、改訂の際の検討材料とさせていただき たいと存じます。誠にありがとうございました」との返答が寄せられました。
 ここに機関紙「地域と人権」09年7月15日号の該当部分を掲載します。
 なお、機関誌「地域と人権」9月5日号には、提供した資料全文を掲載しています。

 09715-1-3.pdf

|

« 無免許で交通事故、人権同和係長 | トップページ | 知る権利は誰のため。行政情報はオープンに。大阪市、東近江市。寺園氏のブログより。 »

つれずれ」カテゴリの記事