« 鳥取・山田県議。さもありなん。 | トップページ | 女性差別是正の国連勧告を無視し続ける日本政府 »

金大中を殺すな、から36年の死去。かつてゼミ有志で参加したものだ。

金大中元大統領死去 85歳

2009年8月18日(火)17時0分配信 産経新聞
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/sankei-e20090818035/1.htm


 【ソウル=水沼啓子】韓国の金大中元大統領が18日午後1時40分過ぎ、入院先のソウル市内の延世大付属セブランス病院で死去した。85歳だった。金大中氏は風邪で体調を崩し7月13日に入院。肺炎と診断され、一時は呼吸不全に陥り人工呼吸器を装着した。その後、気管の一部を切開する手術を受け、容体は持ち直したが、再度病状が悪化していた。病院には家族のほか、民主党議員らが駆けつけた。

 金大中氏は2005年8月と9月にも肺炎の症状で入院。昨年7月にも検査入院し、かなり前から腎臓透析も受けていた。

 金大中氏は、韓国情報機関「韓国中央情報部」(KCIA)に東京で拉致された金大中事件(1973年)で世界に知られ、光州事件で死刑判決を受けた。4度目の挑戦で韓国大統領に就任(98~2003年)した。

 また、分断後初の南北首脳会談を実現した。南北交流の功績によってノーベル平和賞を受賞した。しかし、その裏では5億ドルに上る対北秘密送金があったとされる。軍事政権から民主化を経て近代国家への道を歩んだ韓国の一時代を象徴する政治家だった。

 金大中政権下では日本の文化開放が実施され、日韓の民間レベルの交流が一気に進むきっかけとなった。



|

« 鳥取・山田県議。さもありなん。 | トップページ | 女性差別是正の国連勧告を無視し続ける日本政府 »

つれずれ」カテゴリの記事