« 「人種問題が依然、米国社会を悩ましている証し・・」だが、市民社会の自治力に委ねるべきではなかったか | トップページ | 部落を理由にした具体的実質的人権侵害行為が部落差別。「問い合わせ」に差別性はない。 »

部落差別の自作自演 関係行政もその対応を総括し見解を示すべき

偽計業務妨害:町嘱託職員を起訴--地検八女支部 /福岡

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090730ddlk40040410000c.html

 立花町の嘱託職員、熊本和彦容疑者(52)=同町山崎=が自宅などに差別的な文書を送り、被害者を装って町役場に持ち込んだ事件で、地検八女支部は28日、熊本容疑者を偽計業務妨害罪で地裁八女支部に起訴した。

 起訴状によると、熊本被告は07年8月、自宅などに差別的な表現をしたはがきやカッターナイフの刃を同封した封書などを郵送。役場に持ち込み対策会議を開かせ、業務を妨害した。町に自分の雇用を継続させることが目的だった。

 町によると、熊本被告は02年に採用され、地域活動指導員として、同和教育などを担当していた。町は「町に対する町民の信頼を損なわせた」として、近く解雇する方針。

〔筑後版〕

|

« 「人種問題が依然、米国社会を悩ましている証し・・」だが、市民社会の自治力に委ねるべきではなかったか | トップページ | 部落を理由にした具体的実質的人権侵害行為が部落差別。「問い合わせ」に差別性はない。 »

つれずれ」カテゴリの記事