« 女性差別是正の国連勧告を無視し続ける日本政府 | トップページ | 無免許で交通事故、人権同和係長 »

学び、ができない、とは共通一次の頃より指摘されてたが。

私大47% 「入試に問題あり」
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-e20090821038/1.htm

2009年8月21日(金)17時0分配信 産経新聞

 入学者の学力水準などをめぐり、入学選抜方法について回答した私立大の47%が「問題がある」と感じていることが21日、日本私立大学団体連合会の調査で分かった。学生確保のため基礎学力が不足していても受け入れざるを得ない実態があらためて浮かんだ。

 調査は昨年8~9月、連合会に加盟する私大(当時517校)を対象に実施、441校が回答を寄せた。

 「自分の大学の入試に問題があるか」との質問に回答した437校のうち、11校が「大きな問題がある」と答え、「多少の問題はある」と答えたのは193校だった。

 課題としては「定員確保が優先のため一定の学力が維持できない」とする大学が44校と最も多く、「志願者のほぼ全員を合格にせざるを得ず、入試の体をなしていない」としたのも20校あった。

 学力低下に対応するため、入学後に補習授業をする大学は67%、キャリア教育など学習意欲を高める教育も86%が実施していた。

 連合会は全体的な状況として、受験生の個性や意欲を重視して書類や面接で選考するアドミッション・オフィス(AO)入試や推薦入試の入学者の比率が大きくなり、一般入試も受験科目が少ないため、入学者の学力レベルの維持が難しくなっているとしている。

 連合会は調査結果を基に、私大が取り組むべき点を報告書にまとめた。教育の質を確保するには「一つの大学では限界がある」とし、学生が全国加盟校で講義を受け単位を取れるようにする制度の創設を提案している。



|

« 女性差別是正の国連勧告を無視し続ける日本政府 | トップページ | 無免許で交通事故、人権同和係長 »

つれずれ」カテゴリの記事