« 町名挙げ「同和地区だった」と発言 | トップページ | 同和奨学金返済問題 京都市。他県はすでに返済しているのだが・・。 »

ブログ管理に困難が。結城のえせ。

niftyココログに管理変更があり、全国的に混乱が続いています。

申し訳ありません。

しかし、下記の人物。結城駅前に相談事務所らしきを構えていたが、

同和を名乗る団体の事務局長を語っていたとは・・。露ぞしらず。

この組織に対する問い合わせは電話で何件かあったが・・・。

商取引できるか?など。

金融機関が「同和」にビビル状況ではなくなっているものだが。

非弁はやはり問題だ。

弁護士法違反:元結城市議の行政書士逮捕 無資格で弁護士活動容疑--警視庁 /茨城

http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20090630ddlk08040166000c.html

 警視庁組織犯罪対策3課は29日、弁護士資格がないのに東京地裁などで消費者金融を相手に過払い金請求訴訟を起こしたとして、結城市の元市議で行政書士の鈴木良雄容疑者(62)=結城市大木=を弁護士法違反(非弁活動)容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は07年11月~08年6月、同市の40代の無職女性ら多重債務者4人から委託を受け、消費者金融4社に対し約585万円分の過払い金請求訴訟を東京地裁や東京簡裁に起こしたとしている。

 同課によると、鈴木容疑者は「全国同和対策促進会事務局長」と名乗っていたが活動実態はなく「同和の名前を出せば交渉が有利になると思った」などと容疑を認めているという。04年以降、過払い金請求訴訟など100件以上の訴訟を扱っていたという。

 鈴木容疑者は95~98年に結城市議を務めた。



無資格で弁護士業務請け負い容疑、茨城の元市議を逮捕

http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY200906290195.html

弁護士資格がないのに多重債務者から過払い金返還請求訴訟を請け負って報酬を得たとして、警視庁は、元茨城県結城市議で行政書士の鈴木良雄容疑者(62)=結城市大木=を弁護士法違反(非弁護士の法律事務取り扱い)の疑いで逮捕したと29日発表した。同庁によると、鈴木容疑者は「金になるのでやり始めた」と容疑を認めているという。

 組織犯罪対策3課によると、鈴木容疑者は、同市内の女性ら4人から、4人が大手消費者金融4社に払った過払い金計約585万円を取り戻す業務を請け負い、07年11月~08年6月、東京地裁などに6件の訴訟を起こした疑いがある。一部は和解が成立し、報酬として約100万円を受け取ったという。

 鈴木容疑者は、多重債務者らの過払い金返還請求債権を自分が買い取ったとする偽の「譲渡通知書」を作成していた。同課は、鈴木容疑者が非弁護士活動を隠すため、自らが訴訟を起こしていたとみている。鈴木容疑者は消費者金融との交渉の際、自分は茨城県内の同和団体の幹部であると話していたという。

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090629AT1G2900A29062009.html

非弁行為の疑いで行政書士を逮捕 警視庁、無資格で債務整理
 弁護士資格がないのに債務整理を請け負い、訴訟を提起したとして、警視庁組織犯罪対策3課は29日までに、茨城県結城市に住む元同市議で行政書士、鈴木良雄容疑者(62)を弁護士法違反(非弁行為)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、2007年11月から08年6月までの間、同市内の無職女性ら4人から債務整理に関する訴訟業務を受託。消費者金融4社に対し、計6件の過払い金の返還を求める訴訟を東京地裁などに起こした疑い。

 鈴木容疑者は消費者金融会社に対し、活動実態のない「全国同和対策促進会事務局長」を名乗っていた。同課によると「同和団体を名乗れば交渉が有利に働くと思った」と供述しているという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090629-OYT1T00647.htm
行政書士が弁護士活動、報酬目的に百数十件提訴
 警視庁は茨城県結城市大木、元同市議で行政書士の鈴木良雄容疑者(62)を弁護士法違反(非弁行為)の疑いで逮捕したと29日発表した。

 逮捕は27日。同庁は、鈴木容疑者が2004年以降、弁護士資格がないのに報酬を得る目的で、百数十件の訴訟を起こしていたとみており、鈴木容疑者は「金になると思ってやった」と容疑を認めている。

 同庁幹部によると、鈴木容疑者は行政書士の資格しか持っていないにもかかわらず、結城市内の40歳代の無職女性ら多重債務者の男女4人の依頼を受け、07年11月~08年6月、6回にわたり、消費者金融会社4社を相手取り、過払い金(約585万円)の返還を求める訴訟を東京地裁などに起こした疑い。返還金の約100万円のほぼ全額を、鈴木容疑者が報酬として受け取っていたという。

 結城市議会事務局によると、鈴木容疑者は1995年4月から98年12月まで同市議を務めていた。

弁護士法違反容疑、元市議を逮捕
TBS News - ‎2009年6月28日‎
その際、金融会社に対しては「自分は同和の幹部だ。あなたが金を貸した人たちも私の同和団体の会員だ」などと、うそをついていたということです。 「裁判をすぐにやると・・・、何かあるとすぐに(首を)突っ込んだり。みんな寄らず触らずでは」(近所の人) 鈴木容疑者は ...

|

« 町名挙げ「同和地区だった」と発言 | トップページ | 同和奨学金返済問題 京都市。他県はすでに返済しているのだが・・。 »