« 住民との充分な合意形成を 家賃見直し 奈良 | トップページ | 鳥取に県内外から800人、第5回研究集会成功裏に。 »

幸福追求権からみて障害者は

<障害者白書>「雇用・就業」で差別感じる
5月26日10時35分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000020-mai-soci

 政府は26日午前、09年版障害者白書を閣議決定した。白書に盛られた内閣府の調査結果では、障害者が日ごろ差別を感じる事例として、「雇用・就業」分野が最も多かった。就職に際して「壁」の多い障害者が、景気の悪化で不安感を強めていることがうかがえる。

 07年に障害者権利条約に署名した政府は、障害者差別を防止するため「何が差別に当たるか」を明確にする方針。これを受け、内閣府が今年1~3月に障害者5071人を対象にアンケートを行い、1654人から4383項目の回答を得た。

 障害者が「差別を感じる」としたのは、採用の拒否や制限、職場での差別的な言動など「雇用・就業」分野が最多で、1012事例あった。次いで重度の障害を理由にサービスの利用を拒否されたり、制限されるなど「福祉」分野が726事例▽治療や入院の拒否・制限など「保健・医療」分野が565事例--となった。いずれも日常生活にかかわる項目で、内閣府は「身近な課題で、差別されていることに敏感となっているのではないか」とみている。

 障害の程度や種別に応じた教育を行う目的で06年度に導入された特別支援教育制度についても調査した。制度の導入で変わったかどうかを尋ねたところ、「変わった」「やや変わった」は計17・5%しかなかった。内閣府は「2年目で、目に見える形での変化は感じられていない」と分析している。

|

« 住民との充分な合意形成を 家賃見直し 奈良 | トップページ | 鳥取に県内外から800人、第5回研究集会成功裏に。 »

つれずれ」カテゴリの記事