« 新型インフル 通常対応への切り替えではダメなのか | トップページ | 高知市・隣保館見直し »

大阪府警“土建業界のドン”を逮捕

大阪の建設会社元社長ら逮捕  前払い金1億円詐取容疑
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009051401000279.html

 大阪市発注の公共工事を受注した際、工事の前払い金制度を悪用して約1億1000万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査4課などは14日、詐欺容疑で、大阪市東淀川区にある建設会社「岸組」(破産手続き中)の元社長岸正明容疑者(70)=同市東淀川区=ら5人を逮捕した。

 捜査4課によると、岸容疑者は約500社が加盟する大阪府同和建設協会(同建協)の会長を務めている。

 ほかの逮捕者は岸組元専務下口孝子(61)=大阪府箕面市、元常務三宅一朗(60)=大阪市東淀川区、元課長植崎泰介(58)=兵庫県西宮市=の3容疑者と、土木建築会社「新明商事」の社長岸本良一容疑者(63)=兵庫県加東市。岸本容疑者は「名前を貸しただけ」と容疑を否認している。

 5人の逮捕容疑は昨年、大阪市から同市住之江区の市営住宅建設工事を約7億5000万円で請け負った際、下請けの新明商事に支払う経費のように装って前払い金を申請。昨年6月中旬から7月上旬、金融機関から新明商事の口座に振り込ませた約1億1000万円を岸組の口座に移してだまし取った疑い。

2009/05/14 13:16   【共同通信】

1億1千万円を詐取の疑い 社長ら5人逮捕 大阪府警2009年5月14日12時45分

http://www.asahi.com/national/update/0514/OSK200905140070.html
   
 大阪市発注の市営住宅建設工事を受注した際、下請け発注したように装って工事の前払い金約1億1千万円をだまし取ったとして、大阪府警は14日、大阪市東淀川区の建設会社「岸組」(破産手続き中)の社長、岸正明容疑者(70)=同市東淀川区=ら5人を詐欺の疑いで逮捕した、と発表した。府警は、同社が前払い金を工事とは無関係の運転資金に充てていたとみて調べる。

 ほかに逮捕されたのは、同社元専務、下口孝子(61)=大阪府箕面市▽同社元常務、三宅一朗(60)=大阪市東淀川区▽同社元課長、植崎泰介(58)=兵庫県西宮市▽土木建築会社「新明商事」社長、岸本良一(63)=同県加東市の4容疑者。府警によると、植崎容疑者は容疑を認め、岸本容疑者は「名前を貸しただけ」と否認しているという。三宅容疑者はあいまいな供述をしている。

 捜査4課によると、岸容疑者らは大阪市から受注した同市住之江区の市営住宅建て替え工事で、新明商事にくい打ち工事などを下請けさせると偽り、08年6~7月、前払い金保証会社の契約先の銀行から前払い金として約1億1千万円をだまし取った疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、工事は実際は新明商事に発注せず、岸組が行っていたという。新明商事は入金された金を下請けの2社の口座に入れ、2社が岸組にそのまま渡していたという。

 岸組はこの工事を08年2月に計約7億5千万円で受注。工期は08年2月~10年2月の予定だったが、08年8月、岸組が破産手続き開始を申請したため、市は同9月、契約を解除した。

 前払い金制度は、着工時に自治体が発注額の一部を前払い金保証会社と銀行を通じて支払う仕組み。大阪市は同12月、この工事で渡した約3億円の前払い金のうち、実費を除く約2億7千万円を保証会社から回収した。

大阪府警“土建業界のドン”を逮捕
毎日放送 - ‎2009年5月14日‎
詐欺の疑いで逮捕されたのは大阪市東淀川区の建築業、岸組の元社長・岸正明容疑者(70)と元専務・下口孝子容疑者(61)ら5人です。 大阪府警の調べによりますと、岸容疑者らは公共工事を落札した業者が利用できる前払い金制度を悪用、市営住宅の立て替え工事を受注 ...

2009年05月14日
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_s.cgi?s_national_l+CN2009051401000633_1

「工事の受注減り利益ない」  前払い金詐欺容疑で逮捕の元社長

 大阪市発注の公共工事で前払い金約1億1000万円がだまし取られた事件で、14日に大阪府警捜査4課に詐欺容疑で逮捕された建設会社「岸組」(大阪市東淀川区、破産手続き中)の元社長岸正明容疑者(70)は逮捕前、共同通信の取材に「受注が減り、利益も出ない」と経営の苦しさを明かしていた。

 捜査4課は岸容疑者らが経営に行き詰まったため運転資金を得る目的で前払い金を詐取したとみて、家宅捜索で押収した資料などを分析し、裏付け捜査を進める。

 取材によると、岸容疑者は1月、「最近はダンピングの影響で工事は利益が全然出ない」と強調。「以前ならいくつかの工事を同時に進め、ある工事の下請けへの支払いを別の工事の受注代金から回すこともできたが、受注が減りそれもままならない」と話した。

 だまし取ったとされる前払い金約1億1000万円については「(別の)下請け業者に支払いが済んでいなかったので、その支払いに充てた」と説明。

 「自分で金は取っていない。詐欺と思われるのは心外だ。逃げも隠れもしない」と話した。

|

« 新型インフル 通常対応への切り替えではダメなのか | トップページ | 高知市・隣保館見直し »

つれずれ」カテゴリの記事