« 京都市同和奨学金新条例案 公平・公正により全てに返還求めるべき。行政の瑕疵に因るのだから | トップページ | 矢野手記にもある公明・学会の出方が不可解 »

派遣切りで生活保護 違法を糺さない政府 申請は当然の行為だ

広島で派遣13人が生活保護申請  マツダの契約打ち切り

http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121301000240.html

 自動車メーカー、マツダ(広島県府中町)の国内工場減産に伴い、同社や関連会社からの派遣契約打ち切りが決まった13人が広島市に生活保護を申請、うち7人が支給決定を受けていたことが13日、分かった。残り6人は審査中という。

 マツダは宇品工場(広島市南区)の派遣社員約800人の年内削減を決めており、既に大半が契約を終えている。

 市健康福祉企画課によると、11月以降、マツダの関連工場などで働いていた16人が「12月中に寮を出なければならない」「蓄えがないので生活できない」などと市に相談、うち13人が生活保護を申請した。

 雇用保険だけで生活できない場合、不足分が生活保護で賄われる。

 マツダ関連以外でも、派遣契約を打ち切られた6人が相談に訪れたといい、同課の林義雄保護担当課長は「雇用対策が進まないと、申請が増えるかもしれない。困っている人には、きちんと保護が受けられるよう対応したい」と話している。

2008/12/13 11:55   【共同通信】

|

« 京都市同和奨学金新条例案 公平・公正により全てに返還求めるべき。行政の瑕疵に因るのだから | トップページ | 矢野手記にもある公明・学会の出方が不可解 »

つれずれ」カテゴリの記事