« 鳥取県議会 議員提案が「継続」とは? 解同呪縛からいつ自由になるのか | トップページ | 京都市、旧隣保館、役割をいったん終結、生活相談の廃止 »

京都市 銃刀法違反の現行犯で逮捕され停職処分を受けており、再び違反行為。あり得ない。

上司脅迫のごみ収集車運転手を分限免職 京都市

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081007/crm0810071227013-n1.htm

2008.10.7 12:27
 京都市は7日、上司の胸ぐらをつかんで暴力的に威圧したとして、市環境局伏見まち美化事務所のごみ収集車運転手の男性職員(58)を分限免職処分にした。この職員は平成18年に銃刀法違反の現行犯で逮捕され停職処分を受けており、再び違反行為をしたため、市が同年10月に定めた分限免職の対象となった。

 市人事課によると、職員は今年4月29日、上司の男性係長と職務上のトラブルになり、係長の胸ぐらをつかんだ上、近くにあったビニールパイプを持って「頭かち割ったろか」などと脅したという。

 

|

« 鳥取県議会 議員提案が「継続」とは? 解同呪縛からいつ自由になるのか | トップページ | 京都市、旧隣保館、役割をいったん終結、生活相談の廃止 »

つれずれ」カテゴリの記事