« 私人間へ権力的介入意図露骨 | トップページ | 侮蔑排斥を意図したか否かが問題、公的私的の区別も。意識変革に踏み込むことは違法との判決あり »

『ダメったら、ダメ!』が一番

こんにちは、戸井田とおるです!
いつもお世話になり、心より感謝致しております!
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/f7ff5a38b4829aad8d8e1ba7aa3127f3

昨日も朝一の「人権問題等調査会」が開催され、この度も同じような遣り取りの繰り返しでした。いくら人権擁護局長が懇切丁寧に解説しようとも説得力に乏しいと言わざるを得ない。
水曜日の調査会から中川昭一先生も出席された。昨日は「私のHPに寄せられる意見の全てが反対意見だ。賛成の意見が寄せられる事はない。私も政調会長をさせて頂いたが、部会などで議論されるもの全てが纏まるという事はない。これだけ反対の意見ばかりの案件を無理して纏めようとするのか。撤回すべきだ。」と強い口調で発言された。
最近というか始めからそうなのだが、我々の知らないところで、どうも各個撃破が行われていたらしい?盗み聞きは良くないのですが、自然に耳に入るのは仕方がないと思うのです。昨日も偶々太田会長が私の前で階段を下りながら、KY大臣にぼそぼそっと聞こえるか聞こえないような声で話しているので、耳をダンボにしても聴き取れずなんとも残念でありました。
次の水曜日にも14回目の調査会を開催するようです。人権問題等調査会の執行部は何としても修正作業に引きずり込み一任を取り付けようと機会を狙っているように感じられます。小幅の会期延長の話も新聞紙上で語られるいま、わずかの気の緩みも命取りに成りかねない。
昔の誰かのことばではありませんが、『ダメったら、ダメ!』が一番のように思います!

|

« 私人間へ権力的介入意図露骨 | トップページ | 侮蔑排斥を意図したか否かが問題、公的私的の区別も。意識変革に踏み込むことは違法との判決あり »

つれずれ」カテゴリの記事