« 法案に否定的意見相次ぐ | トップページ | 21世紀錦林まちづくり推進協議会 »

『フラッシュ』(4月29日号)

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(155)
2008.4.19 08:32
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/080419/bks0804190832005-n1.htm

 今週いちばんの硬派記事は『フラッシュ』(4月29日号)の「公務員『同和採用』逆差別のタブー!!」。京都市議、部落解放同盟幹部らが明かした市政の実態は驚くべきものだ。

 〈京都市で続発する職員の不祥事。その要因の一つが“同和採用にある”(中略)同和問題は長いこと、我々日本人にとって大きなタブーだった。だが、「寝た子を起こすな」という姿勢こそが不祥事の累積を招いた〉(リードより)。

 京都市では平成18年度の8月以降で免職10人を含む29人が、19年度には免職4人を含む87人が懲戒処分を受けているというから呆(あき)れる。

 今年3月19日、懲戒になった部長級職員は〈「“中抜け”といって、勤務中に抜け出てゴルフの練習場に行っていた」〉。

 不祥事一覧表も行き届いている。

2008年04月19日 08:22
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2008/04/19/post_1372.php

門川京都市長、「同和にメス」言及せず 
 17日の京都市議会・職員不祥事に関する調査特別委員会で、勤務中にゴルフ練習などで職場離脱を繰り返したとして懲戒免職となった元環境局南部クリーンセンター所長(循環型社会推進部担当部長)について、日本共産党の井坂博文議員は、「勤務実態は特別扱いのオンパレード。元部落解放同盟幹部であることが背景にある」と指摘しました。
 元所長は06年4月、半年後の家庭ごみ有料化実施に向けた、「地元調整やまち美化事務所への指導力を期待」(前田監理監)され担当部長に昇進。不祥事根絶の抜本改革大綱(06年8月)の策定にかかわった管幹部職員でしたが、勤務中の「中抜け」が発覚し、3月19日付で懲戒免職処分となりました。
 井坂議員は、元所長が出勤簿押印を代行させていたことや自家用車での移動を特別に許可されていたこと、同局幹部として当然出席が必要な会議にも招集されていないなどの勤務実態を示し、「同和特別扱いの風土にメスを入れない『改革大綱』では不祥事は根絶できない」と追及しました。
 門川市長は、特別扱いを否定し、「慢心、古い体質があった」と本人の資質の問題にすり替えました。

|

« 法案に否定的意見相次ぐ | トップページ | 21世紀錦林まちづくり推進協議会 »

つれずれ」カテゴリの記事