« 05年の再来 | トップページ | 中川俊隆教育長が同協議会の役員を詐欺罪で鳥取署に刑事告発 »

答申批判を無視し、法案設計。根本欠陥あって当たり前。

人権擁護法案はポストモダン?推進役の東大教授に異論噴出
2008.3.12 00:21

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080312/plc0803120019000-n1.htm

 人権擁護法案の提出を目指す自民党人権問題調査会(会長・太田誠一元総務庁長官)は11日、党本部で4回目の会合を開いた。平成13年に法案の必要性を答申した「人権擁護推進審議会」(法務、文科など3相の諮問機関)の元会長、塩野宏東京大名誉教授が経緯などを説明したが、出席議員から異論が相次いだ。

 塩野氏は「法案はポストモダン的なもの」で、人権委員会を「救済制度の至らないところにどこへでも足を伸ばすアメーバ的存在」とたとえ、法案の必要性を強調した。

 これに対し、出席議員からは「個別法で解決できないアメーバ的な人権侵害事案とは何か。法理論だけで済む問題ではない」(西田昌司参院議員)、「裁判所に匹敵する権限を持たせた委員会から、表現の自由への脅威をどう排除するのか」(稲田朋美衆院議員)など異論が相次いだ。

 また、塩野氏は加害者として訴えられた人の救済措置が不十分との指摘には「救済制度をつくることはあまり念頭になかった」と不備を認めた。

 調査会は14日も会合を開き、反対派の百地章日本大教授(憲法学)と、推進派の山崎公士新潟大教授(人権政策学)から意見を聞く。

|

« 05年の再来 | トップページ | 中川俊隆教育長が同協議会の役員を詐欺罪で鳥取署に刑事告発 »

つれずれ」カテゴリの記事