« 鳥取署 関係者の自宅や協議会の事務所を家宅捜索 | トップページ | 〇五年度に部落解放同盟鳥取市協議会に支給した補助金で使途不明 »

3月14日も消化試合にするつもりか

推進派と反対派が激突か!? -明日8時半-
「人権擁護(弾圧)法案」推進派の狙い(3)

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51848948.html

推進派と反対派が激突か!? ‐明日8時半‐

 明日の8時半より自民党本部前において、「人権擁護法案」の推進派の山崎新潟大学教授と、反対派の重鎮でもある百地章日本大学教授のヒアリングが行なわれます。

 推進派は着々と法案提出に向けた日程をこなしており、もう何回かのこのような話し合いの場を経て「もう十分に説明をした」として、法案成立に向けて強引に突き進むことになるのではないでしょうか。

 このシナリオを裏で描いているのは野中広務と古賀誠であり、言葉は適切ではありませんが、太田誠一などという人は単なる「使いぱしり」に過ぎません。

 今回、出席する百地章先生は「人権擁護法案」に強く反対している教授で、今回のヒアリングは前半戦における最大の山場となるかも知れません。推進派が反対派を牽制するために動員するのではとの不穏な情報もメールで頂きました。

 普段の日で、しかも8時半というせわしい時間帯ではありますが、東京にいる我々としては、これを傍観しているわけにもいきませんので、明日8時半には自民党前で「人権擁護法案」反対の声を上げたいと思います。

皆さん!自民党本部前にて声を上げましょう!

 前回の3月11日の抗議行動には、急な呼びかけにもかかわらず、15名の方がお集まり頂いたと聞きました(当日は私は仕事で行けませんでした)。

 今回も急な呼びかけになりますが、何人かの方から「どうしますか?」という問い合わせをメールで頂戴しており、抗議活動を行なうことを今朝『主権回復を目指す会』の西村修平代表と話し合いし決定しました。

 3月11日の自民党本部での会合のあらましが草莽崛起 さんのブログにありました。この中で一番興味を惹かれたのが次の箇所でした。

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1341.html

 早川議員より「こうした法案を成立せざるを得ない人権侵害とは何なのか」との質問に、その事例は知らないと答えたのである。事例を知らずして、なぜ、この法案が必要だと断言できるのか。

 一方、赤池議員から「現行法で駄目な理由は」との質問に、同和対策からどうにもならないとの要望があったからだとすぐさま答えたのである。つまり、部落解放同盟からの要望が決定的だったのである。

 しかし、どのような事例があるのかは知らないとすれば、塩野氏は彼らの要望を鵜呑みにしただけで、いや、圧力に屈したのか、その実態を精査し、なるほど必要だと合点したとは到底思えない。
 それを今回の調査会で暴露したに過ぎないのである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 塩野宏東大名誉教授は正直な人らしい。この「人権擁護法案」なるものは、天皇(皇室制度)の廃止を唱え、朝鮮総連の集会には必ず顔を出しエールを送る反日犯罪者組織の部落解放同盟が裏で法務省とつるんで推進してきた法律なのです。

 始まりは「同和対策」 (朝日新聞1月18日付け)

 人権擁護法案は、人権侵害による被害者の救済や予防のために、救済を申し立てができる機関として「人権委員会」を設けることが柱だ。

 96年に政府の協議会が「同和対策の基本整備はおおむね完了した」として、新たな対策に取り組むよう求める意見書を提出。

 これを受け与党だった自民党・社民・さきがけ3党が人権擁護施策推進法を成立させ、人権擁護推進審議会を設置した。

 このような経緯で出てきたものなのです。これを裏で推進してきたのは野中広務という部落差別に最も理解があるなどと云われた人物だった訳で、これは部落解放同盟のビジネス・チャンスと言っても良いでしょう。

 このような部落解放同盟の人権マフィア化を許すことなど絶対に出来ません。

 下記のサイトにおいて、「人権擁護反対のネット署名」が行なわれています。もう3万人を超えているようですが、如何にこの問題に対して、国民が真剣に恐れているかの証左でしょう。

人権擁護法案ポータルwiki

第二弾!非常事態・街宣のお知らせ【自民党本部前に集合を】
<絶対反対!恐怖の人権法案!!>

日時:平成20年3月14日(金) 集合・開始午前8時

場所:自民党本部前 地下鉄・永田町下車

※自民党人権問題等調査会が3月14日(金)午前8時半から会合を開く。
会合には反対派の百地章(日本大学教授・憲法学)と推進派の山崎公士(新潟大学院教授・人権政策学)
が意見を述べる。

 同法案が通れば、民族派・保守派・良識派による鮮総連批判や創価学会批判、反日反国家分子批判はすべて合法的に封殺される。同法案に反対する国民の生の怒りを自民党本部前で、推進派の山崎公士にぶつけよう。

【主催】
人権擁護法案を阻止する市民の会
主権回復を目指す会
NPO外国人犯罪追放運動
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
在日特権を許さない市民の会
外国人参政権に反対する市民の会・東京

【連絡】
西村(090-2756-8794)
有門(090-4439-6570)

福岡で市民団体が結成集会

【天神集合!人権擁護フォーラム2008】

 ついに福岡において人権擁護法案に反対する市民集会が開催されます!
 さらに、この集会をうけて、連帯代表者が3月中に上京し、法務省等に陳情することが決まっています。

 どうか一人でも多くの皆様にご参加いただきたく思います。あなたが参加することに日本の自由がかかっています!

日時■平成20年3月15日(土)17時より
場所■福岡市中央区天神「福岡ビル」9階(福岡市中央区天神1-11-17)
名称■「天神集合!人権擁護フォーラム2008」
主催■人権擁護法案に反対する市民の連帯
会費■無料
お問い合わせ先:電話FAX092-553-5126(事務局)

http://rentai.sejp.net/

|

« 鳥取署 関係者の自宅や協議会の事務所を家宅捜索 | トップページ | 〇五年度に部落解放同盟鳥取市協議会に支給した補助金で使途不明 »

つれずれ」カテゴリの記事