« 法律制定の効果については明解な説明はなく、批判が噴出 | トップページ | 小西同和教育ヤミ専従糾明裁判 »

関西支社が分派活動統制力弱まった「中核派」

部落解放同盟全国連合会(以下、全国連)

広島差別事件 2・24関西真相報告集会 詳報 1
(2008年02月24日)
http://www.zenkokuren.org/2008/02/_224.html
   ■主催者あいさつ 瀬川博委員長

 全国連として広島差別事件を徹底糾弾してたたかいぬく決意です。1981年、解同大阪府連から処分され、窓口も閉ざされ苦しい思いでたたかってきた。その時、革共同、学生を信頼していた。それだけに、いまの広島差別事件に憤りを感じます。勝利するまで、広島の青年を守りぬく決意です。
■広島支部が登壇

Aさんのアピール
  悔しさを怒りに変え、糾弾の力に変えて、こんかいの差別にたいする徹底糾弾のたたかいに立ち上がります。わたしは一人ではない、わたしの周りには全国連の仲間がいる。マル学同の学生と、それを擁護する革共同を徹底糾弾し、必ず全面自己批判させます。 (全文は『狭山闘争ニュース』に掲載されています。ご参照ください)

家族から
 娘は私が34才の時に、うれしくてうみました。この子が部落差別をうけるかもしれない。私も母親としてしっ  かり生きていこうと思ったのがこの前のことのようです。太田川闘争からたたかってきた福島の人、在日が、こんな思いをさせるようなことを絶対に許せない。今日を新しい出発点にがんばっていきます。

福島町に住む「障害者」から
 「障害者」解放の立場から、部落解放の立場からも、この差別糾弾を徹底してたたかう。

婦人部
  (確認会の報告) 彼らは、「差別ではありません」「お前は黙れと」と私に怒鳴ってきました。Aさんにたいして、「人格を否定するから」とおどすような発言がありました。残念ですが、これが事実です。差別に怒る心のある人たちをふやしていくためにたたかっていきます。

青年部
 福島町で学力促進学級をとりくんできた。広大の解放研が積極的に取り組んでくれた。差別事件をおこした人たちはぜんぜん関心がない。そういうなかで、差別事件が起こりました。青年が先頭で、糾弾闘争を取り組んでいきます。3月9日、支部青年部大会をおこないます。

金平通雄・中執
 徹底糾弾をやりきります。次は広島で真相報告集会をやります。広島が差別糾弾闘争の発信基地になります。

※関西各支部の発言は省略します。ご了承願います。



広島差別事件 2・24関西真相報告集会 詳報 4
(2008年02月24日)
http://www.zenkokuren.org/2008/02/_224_3.html
 
全国連にたいする「引き回し」 解体策動を絶対に許さない!

全国連からの提案 中田 潔  書記長

 革共同がなぜ、これほど悪質な差別事件を引き起こしてしまったのでしょうか。
 やはり、いまの改憲と侵略戦争の動きです。この困難な局面に直面し、革共同が「差別など問題にすると労働者が団結できない。労働者がたたかえない」と主張しはじめました。

 革共同は「水平社解消論」と同じ過ち、部落解放運動の解体を言い出したのです。
 もう一つ。革共同は「私が書記長としてふさわしくない。新体制でやるべきだ」と、考えているようです。そして、その手先にAさんをオルグして全国連のなかに分裂と対立をつくりだして、革共同のいいなりになる全国連につくりかえようとしたことです。
 しかし、差別され、虐げられている部落大衆こそが部落解放運動の主人公です。この部落大衆が差別をやめろと声をあげ、拳を振り上げてたたたかうことが部落解放運動で一番大事にされなければなりません。特定の党派が好きなように引き回そうとすることは、部落解放運動を冒涜し、部落民の自主解放のたたかいを蹂躙し、抑圧するきわめて差別的な態度です。
 この糾弾闘争は絶対に負けることはできません。住宅闘争を「物取り主義」とさげすみ、私たちの運動を侮辱した革共同が、この差別をおおい隠すために「差別糾弾闘争よりも、住宅闘争が大事だ」と、部落大衆の住宅にたいする思いを逆手にとって、部落民同士を敵対させようとしています。こんな革共同を差別者集団といってなにが悪い!
 私たちは、次に広島で真相報告集会をひらきます。そして全国で開催します。憲法改悪、戦争に反対する労働者、民衆と共に手をつなぎ、革共同に謝罪をもとめる陣形をつくっていきます。
 最後に、17回大会から住宅闘争で新たな全国闘争をはじめます。この10年の住宅闘争を総括し一大決戦にたちあがります。全国連の住宅闘争に心からの支援をお願いします。差別のない世の中を、ともにつくりましょう。




関西支社が分派活動統制力弱まった「中核派」
2008年3月27日 FACTA
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20080327-01-1101.html

革共同中核派といえば1970年代から革マル派とともに殺人を含む3桁に及ぶ内ゲバを繰り返してきた新左翼。左翼退潮の中で鳴りを潜めてきたが、ここに来て異常事態が発生している。
 
今年1月、新左翼系出版物を販売している東京・新宿の「模索舎」に「革共同通信」なる機関紙が並んだ。1月22日付の創刊号では「安田派中央による変質粉砕し革共同の再生を!」と叫んでいる。「安田派中央」とは、安田(千葉動力車労働組合の元委員長・中野洋氏の変名)と清水丈夫(60年安保闘争以来の職業革命家)が中核派を牛耳っていることを指す。発行元は前進社関西支社。中核派の拠点は前進社を名乗り、全国にいくつかの支社を置いている。革命的共産主義者同盟関西地方委員会の事務所が前進社関西支社であり、その中心は京都大学出身の橋本利昭氏だ。「関西では部落解放運動にもぐりこんだと噂され、一部が反中央になった」と情報筋は明かす。「動労千葉労働運動への特化路線」なるものに、部落解放などの課題を重視する関西組織の反発が強かったようだ。
 
この分派は、今時「プロレタリア暴力革命の復権」を叫んでいることからも、到底まともとは思えないが、注目すべきは中央の統制が利かなくなっていることだ。これまで中核派の離反者は、たとえ中央に不満があったとしても「完黙」を要求され、一切の政治活動の放棄を強制されてきた。「脱落」後も活動する者は「反革命」と断罪されるのが常だった。分派活動などありえなかったのである。「ところが、最近は統制が利かず公然と分派闘争に走っている」(先の情報筋)。中核派の組織的統制力が弱まった証拠である。中央の軍事的統制によって繋ぎとめられてきた下部メンバーが一斉に離反するかもしれない。
 

|

« 法律制定の効果については明解な説明はなく、批判が噴出 | トップページ | 小西同和教育ヤミ専従糾明裁判 »

つれずれ」カテゴリの記事