« 結局議論を進めていることの実績にされるのか? | トップページ | 差別意識なるものは如何にして生じるか、議論不足。 »

調査会は)罵詈雑言(ばりぞうごん)の嵐。まともに整理する気はない、選挙狙い。

部落解放同盟:全国大会 人権侵害救済法など運動方針討議

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080304k0000m040035000c.html

 部落解放同盟の第65回全国大会が3日、東京都千代田区の九段会館を主会場に始まった。2年前に事件や不祥事が相次いだことを受け、「『再生・改革』運動をやり抜き、部落解放運動の抜本的な質的転換を実現しよう」がスローガン。「人権侵害救済法」の早期制定を求めることなどを盛り込んだ08年度運動方針が討議される。5日まで。

 組坂繁之委員長は冒頭、自民党で議論が進められている「人権擁護法案」に触れ、「自民党の中に曲解、誤解があるが、中途半端な法律ではいけない」とくぎをさした。同党人権問題等調査会会長を務める太田誠一元総務庁長官は「(調査会は)罵詈雑言(ばりぞうごん)の嵐だが、最後にはきちんとした法律にしたい」とあいさつした。

|

« 結局議論を進めていることの実績にされるのか? | トップページ | 差別意識なるものは如何にして生じるか、議論不足。 »

つれずれ」カテゴリの記事