« 鳩山法相が売国谷垣らにハメられた! | トップページ | 公明党 法案の必要性を語れない »

大阪市立人権文化センター12館中3館統合

「飛鳥」に統合へ 大阪市立人権文化センター3館 
2008.2.1
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080201/lcl0802010018000-n1.htm

 同和対策関連事業の見直しを進める大阪市は、近接地域に同じ事業を行う施設が重なっているとして、同市東淀川区内の人権文化センター3館(飛鳥、日之出、南方)を4月から飛鳥人権文化センターに統合、「東淀川人権文化センター」(仮称)と名称変更する方針を決めた。日之出、南方の2館は「分館」とすることも検討されたが、議会から「統合する意味がない」などと批判の声があがったため、条例で定められた施設としては廃止し、貸館施設になる。

 飛鳥人権文化センターは、館長が逮捕されるなど飛鳥会事件の舞台の一つにもなったが、最も規模が大きいことなどから統合先に選んだという。他の2館は、貸館施設としてNPO育成ブースを設けることも検討する。3館で、市派遣職員6人含む計約34人のスタッフは削減する。

 市内に12館ある人権文化センターは、同和対策事業で解放会館として設立。同和対策関連法の期限切れにあわせて、12年から名称変更された。現在は、地域住民の自立支援や人権啓発などの事業を平成21年度まで、指定管理者の市人権協会に委託して実施している。

 市は、この3館以外についても来年度に機能やあり方の見直し方針をまとめる。

|

« 鳩山法相が売国谷垣らにハメられた! | トップページ | 公明党 法案の必要性を語れない »

つれずれ」カテゴリの記事