« 差別糾弾と仇討ち思想 | トップページ | 2月13日、自民党「人権問題等調査会」開催 »

『死刑執行停止法案』

死刑廃止へ終身刑創設   死刑執行を4年間停止
http://www.47news.jp/CN/200802/CN2008020901000546.html

 国民新党の亀井静香代表代行や公明党の浜四津敏子代表代行らがつくる超党派の「死刑廃止を推進する議員連盟」が、死刑廃止に向けてまとめた法案が9日、明らかになった。(1)終身刑の創設(2)死刑制度調査会の国会設置と4年間の死刑執行停止-が柱で、今国会での参院提出を目指す。死刑執行の停止を求める法案が国会に出されれば1956年以来、52年ぶりとなる。

 議連は近く幹部会を開き法案内容を確認、各党に働き掛ける。2003年に同様の法案を提出しようとした際は民主、公明、共産、社民各党が賛成したが、亀井氏が当時所属していた自民党が反対し断念した経緯がある。今回も自民党や法務省が強く反対するとみられ、状況によっては「4年間の執行停止」の部分などの修正も検討する。

2008/02/10 02:02  【共同通信】

日本弁護士連合会主催 「死刑廃止を推進する議員連盟の『死刑執行停止法案』を考える」 報告
http://homepage2.nifty.com/shihai/report/030524nichibenren/report.html

2003年5月24日(土)に東京の弁護士会館2階の講堂クレオにて、日弁連主催で「死刑廃止を推進する議員連盟の『死刑執行停止法案』を考える」と題して、映画の上映とシンポジウムが行われた。

|

« 差別糾弾と仇討ち思想 | トップページ | 2月13日、自民党「人権問題等調査会」開催 »

つれずれ」カテゴリの記事