« 住民自治協議会なる求心拠り所が必要か | トップページ | 人権擁護法案は修正で済む代物ではない »

人権擁護法案 通常国会提案めざし。政界再編の火種でもあるが。

人権擁護法案 議論本格化へ

http://www3.nhk.or.jp/news/2008/01/11/k20080111000092.html

自民党の古賀選挙対策委員長や二階総務会長らが会談し、差別や虐待など、人権にかかわる被害の救済を目的とした「人権擁護法案」について、来週18日に召集される通常国会への提出を目指して党の人権問題調査会で議論を本格化させることを確認しました。

人権擁護法案をめぐっては、自民党の古賀選挙対策委員長や二階総務会長らが、 政府提案の形で3年前の通常国会に提出することを目指しましたが、党内から 「人権侵害の定義が明確ではなく、法律が乱用されるおそれがある」などと反対する 意見が出て見送られました。この法案の取り扱いをめぐって、11日、古賀氏や 二階氏に加え、党の人権問題調査会の会長を務める太田元総務庁長官らが意見を 交わし、来週18日に召集される通常国会への提出を目指して今月中旬以降、人権 問題調査会を週に1回のペースで開き、議論を本格化させることを確認しました。

 そのうえで、党内に依然として法案に反対する意見があることに配慮して、ていねいな 議論を行って、党内の合意を得ていくことで一致しました。


1月11日 17時24分 NHK

|

« 住民自治協議会なる求心拠り所が必要か | トップページ | 人権擁護法案は修正で済む代物ではない »

つれずれ」カテゴリの記事