«  ■人権擁護法案(焦点法案)? | トップページ | 人権擁護法案に反対する自民党地方議員の会 »

公務労働の中立性はいかに 筑紫、奈良

二つの顔を持つ男
http://neyama.blog31.fc2.com/blog-entry-44.html
老兵の独り言

部落解放同盟筑紫地区協議会に南支部という組織があります。
この組織は、時々か頻繁にか存じませんが、小生の手元にある資料では太宰府市同和教育研究協議会宛に部落解放同盟という革命組織・暴力利権集団の社会運動の集会への参加要請をしています。
正式には「5・23不当逮捕44ヶ年糾弾!南支部集会について」という集会です。

その要請文の発信者は上記の南支部です。
この文書には、支部長代理副支部長の一人に「大塚源之進」なる氏名が書いてあります。

この男は片岡知恵蔵のように、二つの顔を使い分けるのです。
有る時は  革命組織・暴力利権集団・部落解放同盟南支部長代理の顔
そして又有る時は 太宰府市教育委員会人権・同和教育主任主査の顔  
この二つの顔を持つ男が、動員要請をかけるのである。太宰府市民よ!恐れ入ったか!

以下続く。



* 部落解放同盟奈良県連合会 *
http://www.bllnara.jp/

部落解放同盟古市支部元支部長(元奈良市協副議長、元県連統制委員)
吉田(中川)昌史氏に関わる諸問題について、真摯にお詫び申し上げます。

2007/8/6 提言委員会提言
奈良県連の見解・コメント

|

«  ■人権擁護法案(焦点法案)? | トップページ | 人権擁護法案に反対する自民党地方議員の会 »

つれずれ」カテゴリの記事