« 貧困解消、同和行政の終結を論議 | トップページ | 鳥取条例廃止へ »

東大阪市、公社丸投げ住宅「カラ管理委託」問題

同和関係企業再委託料の返還を

東大阪市民が住民監査請求

「赤旗」07.10.17「071017.pdf」をダウンロード


■市営住宅の運営めぐり監査請求~東大阪市

東大阪市の市営住宅をめぐり、地元の警備会社に委託していた管理業務が、
金額に見合う内容を伴っていなかったとして、市民グループが監査請求を行いました。

 東大阪市は、市営北蛇草住宅の管理業務を、市が100%出資する公社を通して毎年、2千数百万円で市内の特定の警備会社に入札を行ない、随意契約で発注していました。

 しかし、市民グループによりますと警備会社は、管理人を派遣するなど、行うべき業務を十分に果たしていなかったということです。

 市が同和関連予算を見直した結果、今年度の業務委託は取りやめられましたが、市民グループは、これまでに2億数千万円の公金が違法に支出されていたとして、警備会社側に返還を求めるよう主張。

 警備会社は「適切に業務を行っていた」とコメントしています。

http://www.mbs.jp/news/kansai_GE071016111000055952.shtml

|

« 貧困解消、同和行政の終結を論議 | トップページ | 鳥取条例廃止へ »

つれずれ」カテゴリの記事