« 全国人権連マスコミと懇談 | トップページ | 大阪市 退去したところもあるようだが。 »

社会権規約 政府との意見交換会 カウンターレポートの提出は必須

社会権規約第3回政府報告作成に関する意見交換会は、8月7日に外務省内で開かれ、多様な意見が交わされました。

Hi3704470001_2


経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約・政府報告に関する意見

2007年7月25日

日本私大教連中央執行委員会

全大教中央執行委員会

1.私たちは、高等教育への「無償教育の漸進的導入」を謳った「経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約」(以下、「社会権規約」と略す)第13条2項(c)に対する留保について、その解除に向けた真摯な検討を行ない、第3回政府報告では留保を撤回することを明記すべきであると考える。

http://www.jfpu.org/SCRc13_070725iken.htm


社会権規約実施状況についての日本政府報告書に対する意見書
なめ猫


2.見出し 部落差別の現状と福岡県等において「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」(義務標準法)に基づき義務教育国庫負担金で追加配置されている児童生徒支援加配教員の目的外使用(社会運動への転用)に関して

http://genyosya.blog16.fc2.com/blog-entry-279.html

|

« 全国人権連マスコミと懇談 | トップページ | 大阪市 退去したところもあるようだが。 »

つれずれ」カテゴリの記事