« 大阪市 公共施設にいままで置いてきたこと、それを当たり前としてきた解同  | トップページ | 鳥取条例見直し委員会 論点整理 »

鳥取県人権救済条例の見直し検討作業と今後の課題

鳥取県岩見町議会議員 田中克美

2007年6月26日(火曜日) 雑誌掲載の論文をアップ

http://www.tanaka-katsumi.net/modules/wordpress/index.php?p=959 

 部落問題研究所発行の雑誌「人権と部落問題」7月号に掲載された拙稿を「私の政策・見解」ページにアップした。  

特集「『人権条例』の検証」のなかの1本として書いたもので、表題は「鳥取県人権救済条例の見直し検討作業と今後の課題」。  

特集は、全国人権連事務局長の新井直樹氏「人権擁護法案や人権救済条例の背景と課題」と、私が書いた鳥取県のほかに、滋賀県、三重県の報告を掲載している。   

関心のある方は同誌をぜひ一読を。

◆掲載誌 部落問題研究所「人権と部落問題」2007年7月号(№761)

鳥取県人権救済条例の見直し検討作業と今後の課題

 http://www.tanaka-katsumi.net/modules/tinyd2/

|

« 大阪市 公共施設にいままで置いてきたこと、それを当たり前としてきた解同  | トップページ | 鳥取条例見直し委員会 論点整理 »

つれずれ」カテゴリの記事