« 鳥取市 解同全国大会に職員24名派遣予算や「同和地区」限定の事業を今後も継続 | トップページ | ハンセン病市民学会 »

憲法 問題を考える

http://massacre.s59.xrea.com/othercgi/shasetsu/ http://massacre.s59.xrea.com/othercgi/shasetsu/

社説比較くん

提言―日本の新戦略 憲法60年
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#syasetu1
   ×    ×

 「地球貢献国家」をめざそう。

 これが「新戦略」のキーワードだ。

 地球温暖化や人口激増、グローバル化による弊害……。さまざまに迫る地球上の困難に対し、省エネ、環境技術をはじめとする得意技で貢献する。さまざまな国際活動の世話役となって実りを生む。それが、日本の国益にも直結する。

 「戦争放棄」の第9条を持つ日本の憲法は、そのための貴重な資産だ。だから変えない。これも私たちの結論だ。

 ただし、準憲法的な「平和安全保障基本法」を設けて自衛隊をきちんと位置づけ、「専守防衛」「非核」「文民統制」などの大原則を書き込んではどうか。憲法の条文から自衛隊が読み取れないという「溝」を埋めるための工夫である。

 国連主導の平和構築活動には、一般の軍隊とは異なる自衛隊の特性を守りながら、より積極的に加わっていくことも、基本法にうたうのがよい。内戦や飢餓などで破綻(はたん)した国の存在は、テロや戦争だけでなく、麻薬や感染症などの恐怖を広げてしまう。その防止もまた「地球貢献」の重要な一環なのだ。

 以上が「社説21」の柱である。

21本の社説は3日午前10時半以降、「新戦略」(http://www.asahi.com/strategy/)のページでご覧になれます。

|

« 鳥取市 解同全国大会に職員24名派遣予算や「同和地区」限定の事業を今後も継続 | トップページ | ハンセン病市民学会 »

つれずれ」カテゴリの記事