« 京都福知山 差別発言事件? | トップページ | 鳥取県 被差別部落の意識調査予算ほか »

鳥取人権救済条例 8月答申へ

謝罪強要は内心の自由侵す 人権条例見直し検討委
http://www.jcptori.jp/modules/news/article.php?storyid=490

鳥取民報 2007年5月13日

 第12回鳥取県人権救済条例見直し検討委員会(永山正男会長)が4月27日県庁で開かれ、同和教育推進協議会、ハンセン病など疾病のある人など、人権問題の聞き取りをしました。

 参加者から「個別の差別発言に条例がかかわるべきかどうかの判断は難しい」「病気などについては、声を聞く姿勢が必要であり、条例のつくり方、たてかたには慎重に扱う必要がある」などの意見がだされました。

 委員から「相談であれば、法務局の人権擁護委員などで相談できる。加害者に謝罪を求めることは、内心の自由を侵す恐れがある。思想信条は強制できない」と見解を述べました。

 永山会長は「条例が加害者に説示するとしているが、公権力が内心の自由に立ち入れるか問題がある」と指摘しました。

 永山会長は、「次回に子どもの人権問題を取り上げ、論点整理の後、早くて八月ごろに答申することになる見通し」と述べました。

|

« 京都福知山 差別発言事件? | トップページ | 鳥取県 被差別部落の意識調査予算ほか »

つれずれ」カテゴリの記事