« 鳥取検討委 人権救済制度の状況・同和問題 4月27日 | トップページ | 京都:育児休暇を不正取得 子供いない京都市職員 »

都内関係区 相談業務委託等の助成実態

 

2007年度各区同和・人権対策予算
「解同」支部への助成の実態

 http://www3.alpha-net.ne.jp/users/tkyjnken/2007kuyosan.htm

台東区  足立区  荒川区  墨田区  葛飾区  江東区  品川区  大田区

 関連各区の同和・人権対策予算です。 
 ごく一部の区を除いて、依然として「解同」への実質的な補助金が多いことが、この表からも窺えます。 それでも足立区は今年度から、事実上の「解同」支部助成であった「人権啓発事業助成」を廃止しました(識字学級は継続)し、葛飾区も教育費での「解同」支部助成を20万円削減しました。
 区によって、区と「解同」支部のみの協議機関である「同和対策協議会」の経費を「事務経費」等に紛れ込ませ、細目を立てていないところがありますが、これも実質上の「解同」支部への助成金と見てよいでしょう。

|

« 鳥取検討委 人権救済制度の状況・同和問題 4月27日 | トップページ | 京都:育児休暇を不正取得 子供いない京都市職員 »

つれずれ」カテゴリの記事