« 鳥取県議選 解同県連顧問・民主推薦落選 1名残留 | トップページ | 大阪市議選 日本共産党4名増の前進で80定数中16確保へ »

学校効率化 希望無き社会へ

効率化へ公立校統合 教育再生会議 提言素案が判明(04/09)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/education/19488.html

 政府の教育再生会議が5月にまとめる第2次報告の柱の一つとする教育財政基盤の確保に絡む提言素案が8日、分かった。基本方針の中で「成果や実績に応じた予算配分を行い、教育予算のメリハリを強化」する必要性を指摘。公立学校統合による効率化の検討のほか、児童らの学校選択を可能にする教育バウチャー(利用券)制導入などを促している。

 教育現場に競争原理重視の施策を持ち込む姿勢が色濃い内容。「成果」や「実績」の内容には触れていないが、同会議有識者委員の中には、こうした考え方に慎重な意見も根強くある。9日の分科会審議を含めて、今後の議論には曲折がありそうだ。

 素案は、全国の公立小のクラス数を一律に18(現在は平均で約12)とした場合、約7000人の校長と約2万9000人の職員が不要になるとの試算結果を明記。国公立大の統廃合や、個々の大学でコスト分析を行う必要性も強調している。



http://www.kisei-kaikaku.go.jp/minutes/wg/2006/0518/item_060518_09.pdf のHTMLバージョン

|

« 鳥取県議選 解同県連顧問・民主推薦落選 1名残留 | トップページ | 大阪市議選 日本共産党4名増の前進で80定数中16確保へ »

んー何だか」カテゴリの記事