« 第2回京都市職員不祥事問題ホットライン | トップページ | 大阪市 きちんと終結を »

放送の自由を危うくする


● BPO理事長声明
(ダイエット法を紹介したテレビ番組等に関わる声明)

http://www.bpo.gr.jp/bpo/f-kenkai.html

平成19年1月29日

声      明


放送倫理・番組向上機構〔BPO〕
理事長 清水 英夫

 放送倫理・番組向上機構〔BPO〕は、自主的かつ独立した立場から、正確な放送と放送倫理の高揚に資することを目的に第三者機関として設立された。

 このBPOの使命と役割に鑑みて、放送番組に関する一連の不祥事に対しては、深刻な憂慮の念を禁じえない。特に最近、関西テレビが制作しネット放送された番組『発掘!あるある大事典Ⅱ』の実験データなどが捏造とされる問題については、当該局のみならずBPOに対しても、視聴者からの抗議が相次いでいる。従前にも同様の事例があったが、いずれも放送局の姿勢や倫理が問われる内容であり、緊張感や責任感を著しく欠いたとの謗りを免れ難い。

 近時、放送特にテレビの社会的影響力はますます増大している折から、関係者にはそれにふさわしい認識と対応が求められている。このような事態が繰り返されれば、放送に対する視聴者の信頼を失墜させ、ひいては放送の自由を危うくすることとなる。

 今後放送界全体として、強く反省自戒し、公権力の介入を招くことなく、放送への信頼回復等に一層努めるよう切望する。

以 上

|

« 第2回京都市職員不祥事問題ホットライン | トップページ | 大阪市 きちんと終結を »

つれずれ」カテゴリの記事