« 大阪市・八尾市 やはり闇は奥深い | トップページ | 鳥取県の片山知事 「投げた」感あり »

同対事業を廃止・縮小 鳥取市40年ぶり見直しへ  市民の世論が内容を決める

日本共産党鳥取市議 角谷敏男 議員
同和事業中止・廃止に前進

http://www.kakutani-toshio.net/modules/wordpress/index.php?p=104

 ここ数日、ブログが書けない。議会のためで、自宅は帰って寝るだけ。選挙以上の過密状態の生活です。昨日も、控え室で今日質問する伊藤幾子議員の質問準備を「声なき支援」をしながら、議案の資料に目を通していた。

 昨日は、私の(負担増と軽減」「家庭ごみの有料化」「浄水場建設」の質問と、同僚の村口議員の同和事業中止を求める質問があった。同和事業の中止表明を当局がした。18日の議員全員協議会で説明があり、私も質問したが、あらためて本会議場での答弁を聞き、党や私たちの取り組みがやっと前進したと感じた。

 今日からは、他の議員の質問・答弁を聞きながら、もう一つ大切な仕事である市長が提案ししている条例と予算などのチェック作業があり、必要な市議の通告の準備がつづきます。週末の予定のびっしりですから、年末の他の活動との関係もあり、私にとっては寝るまでは30分間も休むことができません。



同対事業を廃止・縮小 鳥取市40年ぶり見直しへ
http://www.nnn.co.jp/news/061222/20061222001.html 日本海新聞

 鳥取市の竹内功市長は二十一日の市議会本会議で、同和地区住民の自立支援を目的に行ってきた特別対策事業を、来年度から廃止・縮小する考えを示した。必要な支援は通常の施策で対応し、負担の増加に配慮して激変緩和措置を講じる方針。背景には厳しい財政状況などがあり、約四十年ぶりに同和行政に大なたを振るう格好だ。同様な施策を講じている市町村は多く、他市町村にも影響を与えそうだ。

 村口英子議員(共産党)の質問に答えた。

 竹内市長は「生活環境の改善をはじめ、物的な基盤整備は着実な成果をあげ、かつて存在していた住環境の格差はおおむね解消された。現在策定中の第四次市同和対策総合計画では特別対策は廃止し、一般対策に移行する。人権を侵害する差別は依然として存在しており、引き続き教育、啓発には取り組む」と述べた。

 また、行政が同和地区内の一部の施設で負担してきた光熱水費(二〇〇五年度実績四百五十万円)なども地元負担の方向で検討する方針。

 同市の同和地区の特別対策事業は、合併時は百八事業だったが、現在は五十五まで整理統合。このうち自立支援施策(個人給付)の〇五年度実績は計一億三千七百六十万円で、内訳は同和地区住民の固定資産税の半額免除が六千百八十万円、保育料の減免が千九百三十万円、進学奨励金給付が五千四十万円など。本年度当初予算もほぼ同額を計上している。

 村口議員は「地区外に住んでいても隣保館に申請すれば固定資産税が減額される旧町村地域もある。属人的な減免は行政が差別することになる」と追及。市側は第四次計画期間内に旧市の制度に統一する考えを示した。

 同市の同対事業は、被差別地区の環境改善と差別解消を目的に、一九六九年に成立した同和対策事業特別措置法に基づいて始まった。同法失効後も市条例に基づいて事業を継続していた。外部のメンバーでつくる市同和対策審議会が来年二月に開かれ、今後の方針を具体的に協議する。

|

« 大阪市・八尾市 やはり闇は奥深い | トップページ | 鳥取県の片山知事 「投げた」感あり »

つれずれ」カテゴリの記事