« 住宅資金滞納 758億円 | トップページ | 高度化事業・どう精算するのか »

終結でしか市民は納得しない・奈良市

奈良市・同和行政を真に人権行政にするための検討委員会の設置について
http://www.city.nara.nara.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1164352170014&SiteID=0000000000000&ParentGenre=1163742327743

■ 設置目的

 現行の同和行政を総点検し、見直すことにより、同和行政は人権行政の重要な課題であるとの位置づけのもとに、広範な人権施策の視点から、今後の取り組みの基本方向を示すことにより、共通の認識と基盤を構築する。

■ 検討内容

現行の同和施策(個人給付的事業等の特別対策)について
同和関係団体への補助金支出や団体との協議のあり方について
市有地や地区内公共施設の管理運営について

- 同和行政を真に人権行政にするための検討委員会委員名簿 -

(外部委員)  
 野口 道彦 大阪市立大学大学院 創造都市研究科教授
 灘本 昌久 京都産業大学文化学部教授
 疋田 淳 弁護士
 川村 容子 弁護士
 田中 幹夫 弁護士

(内部委員)  
 市長公室長 平岡 譲
 総務部長 戸田 勝康
 保健福祉部長 上谷 嘉澄
 教育総務部長 中室 雄俊
 人権文化推進室長 池田 公造

■ 初回開催日

 平成18年11月30日(木)午後1時から

■ 設置期間

 平成18年11月30日~平成19年3月末日

|

« 住宅資金滞納 758億円 | トップページ | 高度化事業・どう精算するのか »

つれずれ」カテゴリの記事