« 井山義一容疑者はハンナン浅田とも親交あり | トップページ | 大阪市 事業の見直しについて »

不公正乱脈な同和行政の終結を決議 大阪市をよくする会

http://yokusurukai.way-nifty.com/log/2006/10/post_6501.html
大阪市をよくする会

集 会 決 議 

 本日私たちは、市民いじめの「市政改革」ノー! 乱脈同和行政ストップ! を要求スローガンに中央公会堂に集いました。昨年たたかわれた市長選挙のなかで、関市長は「市政改革マニフェスト」を持ち出しましたが、この本質が、市民生活を切捨て、自治体の役割を放棄するものであることが日々明らかになってきています。また、一連の不公正乱脈な同和行政も、広く報道されたこともあって、市民の間に同和行政集結を求める声が高まっています。同和行政を正すために35年以上にわたってたたかってきた運動の努力が結実しようとしています。
 大阪市は批判を浴びて一定の「手直し」をしていますが、根本的な反省や全容の徹底解明を回避し、幕引きを図ろうとしています。また、「市政改革マニフェスト」に基づき、住民サービスの削減、住民税や国保料の負担増、地下鉄民営化など市民生活への攻撃を従来の規模をはるかに超えて推し進めようともしています。
 私たちは、正当な要求を掲げ、市民と手を携えて運動をくり広げるならば、市政と「オール与党」議会を動かすことができることを見てきました。
 今、市政を大きく動かす歴史的な転換点に私たちは立っています。こうした情勢の下で、「市政改革」の本質を広く知らせ、不公正乱脈な同和行政の終結のために尽力しようではありませんか。
 そのために、
1 姫野さん、藤永さんによる市長らの告発に対する賛同の輪を広げましょう。
2 大阪地検が関市長ら市幹部を起訴するよう地検に対する働きかけを強めましょう。
3 「市政改革マニフェスト」への批判を強め、市民の手で市民のための「市政改革ビジョン」を作り上げましょう。
4 13日午後2時からの大阪市会閉会本会議の傍聴に参加しましょう。
 以上決議いたします。


2006年10月3日
市民いじめの「市政改革」ノー! 乱脈同和行政ストップ!
 10.3市民のつどい     参加者一同

|

« 井山義一容疑者はハンナン浅田とも親交あり | トップページ | 大阪市 事業の見直しについて »

つれずれ」カテゴリの記事