« 日本の国内法では、犯罪は既遂か未遂の段階で初めて処罰するのが原則 | トップページ | 京都市 団体幹部がらみの職員を特別扱い »

金銭トラブルや相続、離婚などの解決に役立つ制度を無料で紹介

<司法支援センター>業務スタート さっそく電話相次ぐ

 身近な法的トラブルを解決するための情報提供窓口となる日本司法支援センター(愛称・法テラス)が2日朝、業務をスタートさせた。午前9時の業務開始とともに、コールセンターには利用者からの電話が相次ぎ、80人のオペレーターが対応に大忙しだった。
 コールセンターは、平日の午前9時~午後9時と、土曜日午前9時~午後5時(日曜・祝日は休み)、金銭トラブルや相続、離婚などの解決に役立つ制度を無料で紹介し、弁護士会や司法書士会などへの橋渡しも行う。年間約120万件の相談が見込まれ、初日は業務開始から1時間で計245件の相談に応じた。電話番号は0570・078374(オナヤミナシ)で、ほかに犯罪被害者向けの専用電話(0570・079714)もある。
 金平輝子理事長は「身近な司法への道しるべとなれるよう体制を充実させたい」と語った。
 法テラスではほかに、資力の乏しい人への裁判費用の援助や、弁護士過疎地域での法律サービスの提供なども行う。
(毎日新聞) - 10月2日

|

« 日本の国内法では、犯罪は既遂か未遂の段階で初めて処罰するのが原則 | トップページ | 京都市 団体幹部がらみの職員を特別扱い »

つれずれ」カテゴリの記事