« 京都・部落解放同盟に屈服・癒着し、同和特別扱いの実態と隠蔽体質が犯罪や不祥事を続発させる大きな要因になっている | トップページ | 住民票写し交付を見直し検討 »

減ることのないエセ同和の相談

同和文献保存会について

突然のメールで失礼致します。
先日9月28日に同和文献保存会と名乗る団体から、書籍の購入を依頼されました。
同和問題と聞き簡単に断ることができずに、書籍を送られることに同意してしまいましたが、後日 全国人権連のホームページを知り、相談させていただくことにしました。
昨日10月3日に職場に書籍が届きましたが、開封していません。
この後どのような対応をしたら良いでしょうか。
教えていただきたく、メールをさせていただきました。
ホームページから、クーリングオフの制度を見ましたら、「8日以内」ということでしたので、
本日中に手続きをしなくてはならないのでしょうか?

また2日後に政治経済研究会という団体からも電話がありましたが、
そちらは、はっきりと断りました。その後そのような団体から連絡はありません。

以上の件につきまして、大変申し訳ありませんが、教えていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。



えせ同和行為についての問い合わせ

・・・・・・と名乗る者から電話(非通知)がありました。
色々と一方的に話し続け最後に
「書籍を送ります、その際5万円の振込をお願いします。」
と言われ「結構です」と答えたところ
「送っていいということですね」
と一方的に電話を切られてしまいました。
インターネットで調べたら東京都のページが見つかりましたの
で相談させていただきました。

今のところこれだけなのですが、実際に送られてくることが多
いのでしょうか?
不安なので教えて下さい
よろしくお願いします。

|

« 京都・部落解放同盟に屈服・癒着し、同和特別扱いの実態と隠蔽体質が犯罪や不祥事を続発させる大きな要因になっている | トップページ | 住民票写し交付を見直し検討 »

つれずれ」カテゴリの記事