« 休職中に市役所に白いポルシェで | トップページ | 10/22 毎日放送 VOICE闇の正体!特別編 »

部落解放同盟奈良市支部協議会副議長

頻繁に市庁に出入り-有力市議と関係も【奈良市の休職職員】  (2006.10.20 奈良新聞) http://www.nara-np.co.jp/n_all/061020/all061020a.shtml  

 奈良市環境清美部収集課の男性職員(42)が、5年間にわたり病気休暇・休職を繰り返していた問題で、この職員が頻繁に市の建設部などに出入りしていたほか、部落解放同盟奈良市支部協議会副議長として、部課長らとのセクション別交渉や担当課との協議など、公式の場にたびたび出席していたことが19日、分かった。市幹部らは「病休中との認識はなかった」と釈明しているが、お粗末な人事管理に批判は免れそうにない。また同職員が、周囲に有力市議との関係をことさら吹聴していたとの情報もあり、こうした行動が行政への“圧力”になっていた可能性を指摘する声も出ている。  セクション別交渉は運動団体である解放同盟と市の直接交渉の場として、毎年1回、11月下旬ごろ定期的に開催。職員は、部落解放同盟県連の下部組織である奈良市協の副議長と同市内の支部の支部長を務め、要求、要望活動を展開。また市人権・同和施策課が同市協と毎年3、4回開いている同和対策についての協議にも幹部としてほぼ毎回出席。関係者によると「市に対し、出席者の中でもいわゆる積極的に発言するタイプだった」という。  こうした場所には当時の人事の管理職も出席していたが、「病休中の職員の名や顔を全員覚えてはおらず、認識はなかった」などと弁明している…

|

« 休職中に市役所に白いポルシェで | トップページ | 10/22 毎日放送 VOICE闇の正体!特別編 »

んー何だか」カテゴリの記事