« 書き込みが特定の地域や姓を表しているということは、「推測」できるが、伏字や隠語を用いた表現のため「断定」できない | トップページ | 権力による盗聴 合法化は市民生活の不自由化 共謀罪新設 »

解同の主張代弁 NHK 今頃「曲がり角」とは時代遅れも甚だしい

                   2006年10月16日

   NHK大阪放送局長様               

      兵庫県地域人権運動連合

         神戸人権交流協議会                                              

          議 長 表野 賀弘

   NHK「関西クローズアップ『揺れる同和行政』」に対する抗議と意見


貴職が10月6日に放映された標記の番組内容に対し、以下の諸点について抗議し、意見を提出する。鋭意検討し回答されたい。

①「解放同盟」の「同和犯罪」を東淀川区の飛鳥支部支部長・小西邦彦の横領事件に限定して放送していたが、社会を揺るがしたBSE補助金詐取事件の「ハンナン」の浅田満をはじめ「解放同盟」の現役幹部・元幹部の犯罪は枚挙のいとまがなく、最近では大阪府連安中支部相談役の丸尾勇が公共事業に関わって逮捕された事件などがある。また、旧芦原病院の巨額の不正融資・使途不明金事件についても「解放同盟」の関わりが疑われていることは周知の通りである。
こうした事件の発生が、「解放同盟」による暴力的確認・糾弾を背景にした運動に起因していることは明白であり、こうした構造的問題にメスを入れず、「解放同盟」組織から切り離し「元ヤクザ」を強調することで、小西邦彦が「解放同盟」の中で、特別な存在であったかのように放送するのは、国民的な批判を受け、危機に瀕している「解放同盟」を擁護することになることは明白であり、到底容認できない。

②放送の中で、大阪市の行政職員を匿名(顔も隠し)で出演させ、「解放同盟」大阪府連の力を背景に小西が脅迫的な交渉で、自らの要求を実現してきたことを証言し、小西個人の犯罪を際立たせようとしていた。しかし、大阪市はこれまで、行政の公平性・中立性を投げ捨て、「解放同盟」に積極的に協力し、同和行政を「解放同盟」に独占させる悪名高き窓口一本化を推進し、「解放同盟」に反対する住民を排除し、小西を含め、「解放同盟」幹部の「同和利権」「同和犯罪」の育成に手を貸してきたのが大阪市当局であることは明白である。こうした事実に目を向けず、大阪市を被害者であったかのように放送することは明白な誤りである。

③放送は、「部落解放運動」の岐路という表現でありながら、「解放同盟」の部落解放運動での役割のみを評価し、地域人権連(前全解連)をはじめとする地元運動団体の意見や主張を全く紹介することなく、「解放同盟」の幹部活動家を次々と登場させ、「解放同盟」の運動を賛美させ、さらには、「解放同盟」本部委員長の組坂繁之まで登場させ、「差別の結果、部落にはヤクザが多い」だから、「解放同盟」の中に小西のような「ヤクザ」が入り込んだというような、国民の理解を到底得られない言い訳を放送した。

④「同和犯罪」が続発し、大阪市民の激しい批判を受けてしか「見直し」を決断出来なかった関淳一大阪市長を登場させ、あたかも英断をふるっているかのように放送したが、同和行政については、同和特別法が失効して5年目を迎え、神戸市をはじめ全国の自治体においては同和対策は終結し、旧同和地区住民は一般対策のもとで自立的に生活する段階を迎えており、大阪市の「見直し」は「解放同盟」との癒着、怠慢の結果であり厳しい批判が必要である。

以上のように、今回の放送は、芦原病院事件、「解放同盟」支部長小西邦彦事件を皮切りに巻き起こった国民の「解放同盟」批判を、部落差別とたたかう「解放同盟」を文字通り「クローズアップ」することにより、「解放同盟」を擁護することを目的に製作された番組である。これまでもNHKは数多く、この種の特集を放映してきたが、「『解放同盟」より』という不充分さはあったとしても、今回のように「解放同盟」の言い分だけを放送するという愚行は犯さなかった。まさに、今回の番組は公共放送史上の最大の汚点といえるものである。
貴職は、内部不祥事が相次ぎ、国民の受信料不払いにより公共放送存続の命運をかけて信頼の回復に努めていると聞いているが、このように公共放送としての見識を投げ捨ててた番組を制作し、放送することが信頼回復につながると考えているとしたら、自らの手で国民の財産というべき公共放送を破滅へ導くものである。

私たちは、「同和利権」「同和犯罪が」が究明され、国民に知られることが旧同和地区住民への差別や偏見を助長するものとは考えていません。「同和利権」「同和犯罪」の真実を明るみにし、問題を早期に解決することが同和問題を解決する近道であると考えます。まさに「この峠の向こうに春がある」というのが基本的姿勢であります。 
改めて不偏不党・公平・中立の立場で「解放同盟」による「同和利権」「同和犯罪」を取材し、真実を国民の前に放送することを強く要望するものである。        以上

|

« 書き込みが特定の地域や姓を表しているということは、「推測」できるが、伏字や隠語を用いた表現のため「断定」できない | トップページ | 権力による盗聴 合法化は市民生活の不自由化 共謀罪新設 »

つれずれ」カテゴリの記事