« 長勢法相 人権擁護法案の扱いに関し | トップページ | 退職後の「発言」でも任命権者の責任? »

松岡農水大臣


安倍首相が農相を注意(共同通信)
 松岡利勝農相は29日午前の閣僚懇談会後、政治資金パーティー券100万円分の収入を、政治資金収支報告書に記載していなかった問題を安倍晋三首相に説明、陳謝した。首相は「こういうことがないよう適正にしてほしい」と注意した。塩崎恭久官房長官はこの後の会見で「収支報告書は注意に注意を重ねてしっかり書き、政治資金の透明性は徹底しなければならないと思っている」と強調した。

[共同通信社:2006年09月29日 12時30分]

パーティー券収入記載せず 松岡農相の資金管理団体

 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006092901000250

 松岡利勝農相(自民、衆院熊本3区)が、出資法違反容疑で今年6月に福岡県警の家宅捜索を受けたコンサルタント会社「エフ・エー・シー」の関連団体に昨年12月、政治資金パーティー券100万円分を購入してもらったのに、資金管理団体の昨年分の政治資金収支報告書に記載していなかったことが29日、分かった。
 政治資金規正法は、1回20万円を超えるパーティー券を購入してもらったりした場合、相手先の名前や金額を、政治資金収支報告書に個別に記載しなければならないとしている。松岡農相側は今月26日付で報告書を訂正した。
 この関連団体は「WBEF」で、エフ・エー・シーとともに捜索を受けている。
 WBEFはことし4、5月に自民党の魚住汎英参院議員(比例代表)の事務所の口座にパーティー券購入代金を振り込んでおり、魚住議員が所管の内閣府にWBEFを特定非営利活動法人(NPO法人)に認証するよう口利きしていた疑いが持たれている。
 松岡農相は当選6回。安倍晋三首相を支持、今回初入閣を果たした。
 WBEFは各地で「起業家セミナー」を開催。その際にエフ社への出資を募り、約8000人から約130億円を違法に集めていた。



朝日新聞(02-6・25)によると、
あっせん収賄罪で逮捕された鈴木宗男への贈賄側(時候)の製材会社「やまりん」が、鈴木にわいろを送った98年8月4日と翌5日、 松岡に200万円、松下に50万円を提供したとの陳述書を議運に提出、公判でも同様の証言をした。
松岡は林野庁に「国有林の無断伐採による入札参加停止処分が終わったら損失を取り返してやって欲しい」と働きかけたと言う。 両議員は献金は返却したとし、働きかけは否定している。松岡は林野庁出身、松下は98年当時の農水政務次官だった。



2003年2月28日のしんぶん赤旗
 『日本共産党の小沢和秋議員は27日の衆院予算委員会第八分科会で、
九州新幹線の建設工事・役務の受注企業から九州選出の自民党有力議員の資金管理団体および県連・支部が、 7年間で10億円を超える政治献金を受けていた事実を示し、新幹線建設を利権にした企業と政治家の癒着を追及しました』

 『小沢議員の調査によると、1995年から2001年までの7年間に、
福岡県では古賀誠衆院議員が約 2870万円、山崎拓衆院議員が約4230万円、 渡辺具能衆院議員は約1億3700万円を超える献金を受け取りました。(中略) 熊本県では(中略) 松岡利勝衆院議員は約9000万円(中略)の献金を受けています』

松岡利勝衆院議員
元農水副大臣
志帥会
平和靖国議連所属
日朝友好議連所属
人権問題等調査会副会長
北朝鮮経済制裁賛成派

 元農水官僚。典型的農水族議員。同じく農水族の鈴木 宗男とは義兄弟、盟友と称されるほどの関係。大声を上げ恫喝するその体質も瓜二つ。
2000/10/04 北朝鮮コメ支援について、自民党本部にて、総務局長(当時)の鈴木 宗男から電話で「午後の外交部会に出てコメ支援は大事だと、ぶってくれ。タイミングを見て、おれも発言するからよ」 「若いのを5、6人集めてくれ」と頼まれると、駆けつけて「分かってる。人道が大事だと言えばいいんだな」と応じた。(毎日新聞 2002/11/20)
  国内の余剰米処理が目的であったと思われる。
02/06 鈴木 宗男が北海道の有力後援企業の製材会社「やまりん」を巡る斡旋収賄で起訴されたが、その捜査の過程で鈴木被告と同様に「やまりん」から資金提供を受けていた疑惑の当事者。
03/09/23 日本会議による『夫婦別姓反対・国立追悼施設反対の請願署名』に賛同。
05/02/02 民主、旧自由両党が合併した03/09/26、旧自由党が政治資金団体の「改革国民会議」に政党交付金約5億6096万円を寄付していたことを指摘。(毎日新聞)
04/10/21 自民党『人権問題等調査会』役員(副会長)。
05/06/28 「平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会」の設立総会に参加。
05/11/15 自民党『人権問題等調査会』役員(副会長)。
06/06/02 『再チャレンジ支援議員連盟』初会合に参加。(産経新聞大阪版 6/3 朝刊)

|

« 長勢法相 人権擁護法案の扱いに関し | トップページ | 退職後の「発言」でも任命権者の責任? »

つれずれ」カテゴリの記事