« 一連の不祥事の実態が解明されておらず 大阪市 | トップページ | <人権擁護法案>委員は日本人に限定 法務省方針 »

牛肉偽装事件で21億円返還命令 農水省

産経新聞
牛肉偽装事件で21億円返還命令 農水省
 
 農水省は29日、愛知県同和食肉事業協同組合(愛同食)による牛肉偽装事件で、受給した補助金総額は20億9796万円で確定したと発表した。事業実施主体である全国食肉事業協同組合連合会(全肉連)を通じ、全額返還するよう命令した。
 同省では、愛同食が13年11月から15年9月までに受領した1246トン分の補助金のうち、1051トン分の総額20億9796万円が補助対象外だったと判断した。

 同事件で名古屋地裁は3月、愛同食の代表理事だった元食肉卸「フジチク」社長、藤村芳治被告らが、全肉連を介して国から13億8400万円を不正に受け取ったとして、懲役8年、罰金3億円の判決を下している。

(08/29 22:09)

|

« 一連の不祥事の実態が解明されておらず 大阪市 | トップページ | <人権擁護法案>委員は日本人に限定 法務省方針 »

つれずれ」カテゴリの記事