« 全国人権連第2回大会 200名参加 | トップページ | 事業施策の見直しが先決ではないか 長野・高知の後追いにすぎない »

最新糾弾事情!

2006.06.22
マリードフットノート

http://almarid.blogzine.jp/

暗闘!平成日本タブー大全 3
宝島社より『暗闘!平成日本タブー大全III』が刊行されました。
今週末までには書店で買えると思います(すでに並んでいるところもあるかも)。

これは『同和利権の真相』シリーズとは違う執筆陣によるものですが、わたしも『平成タブー大全I』に続き「最新糾弾事情!サンデープロジェクト事件のその後と人権擁護法案」を書いています。

昨年1月のサンデープロジェクトで放送された、偽装BSE事件特集の内容の一部が解放同盟によって「前代未聞の差別放送」と断定され、およそ1年にわたってテレビ朝日と朝日放送が糾弾にさらされていました。

この事件、詳しく見ていくほどにうさんくささが匂い立ってくるんですね。本稿の中のある人の言葉を借りれば、「サンプロへの糾弾闘争はハンナングループへの解放同盟による側面支援でしかない。いかにもエセ同和のやりそうなことだ」というべきものです。

リンク: Amazon.co.jp: 暗闘!平成日本タブー大全 3: 本.

|

« 全国人権連第2回大会 200名参加 | トップページ | 事業施策の見直しが先決ではないか 長野・高知の後追いにすぎない »

つれずれ」カテゴリの記事