« 国際的な犯罪集団に何故限定しないのか    共謀罪 | トップページ | 人権協の解体的見直しなしに問題は清算できない »

行政ぐるみの犯罪 

大阪市、不適切な「同和事業」5件
 ◆飛鳥会以外に4年で発注8億円

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20060510p101.htm

 大阪市が、事実上の同和対策として、有料橋の料金所のモニター監視や、地域の清掃業務など5事業を、法人格のない市内12地域の「人権協会」に随意契約で委託していたことが分かった。同和対策への特別措置の根拠だった地対財特法の失効(2002年3月)後、4年間の発注総額は計8億3000万円に上る。このうち4事業は、市の外郭団体を迂回(うかい)させた再委託で、横領事件に発展した財団法人「飛鳥会」への駐車場管理業務委託と同様の「見えない同和対策」。市は「いずれも不適切だった」として、3月末にこっそり廃止していた。

 5事業は▽菅原城北大橋(旭区)の通行料金徴収等業務(05年度委託額2500万円)▽高齢者による道路、公園の清掃(同1億1600万円)▽西成地域の街頭清掃事業(同2270万円)▽道路花壇の植え替え事業(同800万円)▽生活保護受給者への自立促進訓練事業(同3500万円)で、1972~94年度に、同和対策などとしてスタートした。

 同法の失効前までは、人権協会の前身である「市同和事業促進協議会」の各地区協議会が受託していた。

 「料金徴収等業務」は、実際には料金徴収することはまれで、管理事務所から無人料金徴収機などを映すモニター画面をチェックし故障時に対応したり、管理事務所を清掃したりするのが仕事。市が市道路公社に委託、さらに地元人権協会に再委託し、計7人が雇用されていた。

 「花壇の植え替え事業」は浪速区の街路花壇の手入れが業務で、市公園協会を通して、地元人権協会に再委託していた。

 また、「高齢者による清掃」は市社会福祉協議会を通じて11地域の人権協会に、「西成地域の街頭清掃事業」は市環境事業協会から地元人権協会に再委託していた。この2事業は、法失効後、事業名や“迂回先”を変更するなどして継続していた。

 一方、「自立促進訓練事業」は、生活保護受給者の自立に向け、公園に水をまくなどの活動を実施する事業で、市健康福祉局が、直接、五つの地域人権協会に委託していた。

 市は、府同和建設協会所属業者を優遇した不正入札事件発覚後の昨年秋以降、各部局で把握している「不透明な同和事業」を調査し、この5事業をリストアップしていた。

 人権施策を所管する市民局は「外郭団体を通した再委託は、市の内部監査では見つからず、『隠していた』と言われても仕方がない。特定団体への随意契約も市民に説明できない。市政改革の一環として、全廃を決めた」としている。

(2006年05月10日  読売新聞)

【2006年5月10日】
飛鳥会横領、大阪市職員が決算書作成──駐車場収支の記載なし

http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/33056.html

 財団法人「飛鳥会」(大阪市東淀川区)の駐車場管理をめぐる横領事件で、同会が府に提出する決算書作成を市職員が代行していたことが9日、分かった。決算書には駐車場収支の記載が一切なかった。財団の会計を三菱東京UFJ銀行側が担当していたことも判明しており、事実上の同和行政を舞台に行政や都銀による不透明な支援の構図が浮き彫りになった。

 府警捜査二課は代行した市職員が理事長らの着服について知らなかったかどうかも含め、解明を進めている。

 飛鳥会は同和地区の福祉や生活の向上を目的につくられた公益法人のため、民法や府の規則に基づき収支決算書を府に提出しなければならない。同会の規則は決算書類について「理事長において作成する」と明記しているが、実際には地域の人権啓発活動拠点の「市立飛鳥人権文化センター」(東淀川区)幹部らが作成していた。幹部らは市から派遣された課長級職員などという。

 府が保管する2000―04年度の決算書によると、飛鳥会が運営する浴場施設や貸しビルなど収益事業についての記載はあるが、同会の中核となる収入源で年2億円の利用料収入があるはずの「西中島駐車場」について一切記載がなかった。

村田衆院議員、小西容疑者と面会 公安委員長当時

・財団法人「飛鳥会」(大阪市東淀川区)をめぐる業務上横領容疑で大阪府警に逮捕され、 暴力団関係者との強いつながりが指摘されている財団理事長の小西邦彦容疑者(72)と昨年8月、当時国家公安委員長だった自民党の村田吉隆衆院議員(岡山5区)が大阪市内の事務所で面会していたことが、関係者の話で分かった。村田議員は小西容疑者との関係について「暴力団とつながりのある人とは知らなかった。解放同盟の有力者だからお付き合いした」「選挙で応援してくれた」などとしている。

 大阪府警は小西容疑者について、70年代後半に山口組系暴力団から離れた以降も暴力団関係者との交友関係は続き山口組の資金源だったとみている。
 関係者の話によると、村田議員は現職閣僚だった昨年8月26日、小西容疑者が用意した車で、JR新大阪駅から大阪市東淀川区にある飛鳥会と部落解放同盟飛鳥支部が入る通称「飛鳥会館」に移動。30分ほど滞在してあいさつを交わしたという。当時衆院が解散され、総選挙の公示を間近に控えていた時期だった。

 昨年12月8日には、小西容疑者が理事長をつとめる社会福祉法人「ともしび福祉会」が運営する「飛鳥ともしび苑」(大阪市東淀川区)の生活支援ハウス・グループホームのお披露目式にも参加。民主党の松岡徹参院議員らとともに、祝辞のあいさつに立ったという。
 また、村田議員の大阪市内の支持者が、ともしび福祉会の理事を03年まで務めていたこともある。村田議員は、小西容疑者との関係について、この支持者を通じて知り合ったと説明している。

 村田議員は大阪国税局間税部長などを経て、90年の衆院選で初当選。04年9月、国家公安委員長、防災・有事法制担当大臣として入閣した。現在、自民党の国会対策委員会の筆頭副委員長についている。
 
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200605090047.html 

http://ton.2ch.net/rights/kako/987/987805748.html
9 名前: 1985(昭和60)年 投稿日: 2001/04/21(土) 07:41 ID:yQQDlCQ6

 1月26日、大阪府吹田市江坂町2丁目で、山口組系竹中組の竹中正久組長(当時51歳)ら3人を、一和会系組員が射殺。現場は、竹中組長の愛人N(当時31歳)が住むマンション「GSハイム第2江坂」の前であった。Nの部屋の508号室は、解同飛鳥支部の小西邦彦支部長が借り主で、竹中組長も「小西邦彦」を名乗って同マンションに出入りしていた。解同の支部長が山口組の企業舎弟だったのである。
(中略)

19 名前: 1997(平成9)年 投稿日: 2001/04/21(土) 07:51 ID:yQQDlCQ6

 9月15日、大阪市東淀川区の解同大阪府連飛鳥支部事務所に銃弾が撃ち込まれるという事件が発生。
 関係者によると、解同飛鳥支部の小西邦彦支部長は、日ごろから山口組系暴力団生島組の生島久次・元組長(本名・高佑炳)の親族の面倒を見たり、射殺事件で病院に運ばれた同元組長のもとに駆けつけるなど、因縁浅からぬ関係にあったという。事実、小西支部長は、日本不動産地所があった同じ大阪駅前第3ビルの地下2階に事務所を構え、大阪・ミナミで生島元組長が経営していた不動産金融業「生島企業」(のちにエスユー企業)所有のモータープールを担保に、「京セラファイナンス」(東京都中央区)から限度額の23億円、「三和ビジネスクレジット」(東京都新宿区)から同じく30億円のカネを借りるなど、ただならぬ関係にあった。
 小西支部長は、おもてむきは「社会福祉法人ともしび福祉会」「財団法人あすか会」の代表理事の肩書きを持ち、東淀川区で現在も保育園などを経営しているが、裏の顔は、元山口組系金田組(解散、金田三俊組長=死亡)の企業舎弟をしていた暴力団関係者だった。
 たとえば、かつて金田組組長と同居していた女性と組んで、「飛鳥解放会館」の用地をめぐる土地ころがし疑惑を大阪市議会で追及されたり、ペーパーカンパニー「野間工務店」のオーナーとして、大阪市発注事業を21億円も請け負い、山口組の資金調達係にもなってきた。
 こうしたことから、解同飛鳥支部への発砲は、中野会と親しかった生島元組長と金銭的に深い関わりがあった小西支部長への、宅見組による報復戦とみられた。

|

« 国際的な犯罪集団に何故限定しないのか    共謀罪 | トップページ | 人権協の解体的見直しなしに問題は清算できない »

んー何だか」カテゴリの記事