« 山口組系暴力団の元組長に毎月二十数万円を資金提供 | トップページ | 一部が暴力団関係者などに流れた可能性 »

闇の利権の本質に絡む問題

2006年05月10日
http://blog.livedoor.jp/ten_years_after/archives/50796837.html
「共謀罪」について(勝谷誠彦さん)
今日のバカ退治は「今週末にも成立が予想される「共謀罪」について」他。

勝谷さん:「週刊スパ」で小沢民主党代表と対談した。中央であれだけ二大政党と嘯いて、地方の首長の選挙なんて全部相乗りじゃない。自民、民主ね、ふざけるなと言った。そうしたら全部、知事選なんかも候補を立てないといけないと小沢さんは言っていた。この言葉を引っ張り出したかった。長野県知事選で民主党はどっちに乗るか。
反田中に相乗りしたら全く同じいじめの構図でしょ。田中康夫さんは知事選に立候補するかわからない。あれは康夫ちゃんが好きな放置プレー。前日までかもよ。反田中派は連日談合に継ぐ談合で候補を一本化しようとしている。談合が上手な人達だから。田舎だから誰が何を喋っているか筒抜けだから。おかしくて。

長野で感化できない事件があった。務台さん(課長)という総務省の官僚が担がれそうになった。ただの官僚がゴールデンウィークに実家に帰って田植えをした。それを地元のSBCというニュースが永延と3分間報じた。
小西克哉さん:え~!ありですか?
勝谷さん:それは何故かというとSBCは信濃毎日と同じ一族で自民党の小坂代議士
http://www.kenjikosaka.com/の(「全国の通学路に監視カメラをつけよう。」と言ったり、「荒川静香ちゃん良かったね。ライバルが転んで。」素晴らしい発言をやっている文部科学大臣一族ですから。)。これは放送法によっても危ないし、放送倫理に関してもまずい。
小西克哉さん:そういう方はイタリアのベルルスコーニという人と仲良くするのが一番良い。
勝谷さん:欧米だったらあり得ない。そのことでこの候補は資格なし。そういう田舎ですよ。長野県選出の議員が帰ったら田植えをみんな報じるのかよ。こういうことはしてはいけないよね。

自民党と民主党の代議士本当に仲が良いんだよね。若手的には考えが逆転している。小沢さんが狙っているのは結局再編なんですよ。小沢さんがどう手を突っ込むか。

共謀罪の成立が今週末にもあるかもしれない。強行採決で通過しかねない。共謀罪をここにきて東京新聞が特集し始めているけど。
どういう趣旨か。国際的テロ集団は相談している段階で捕まえようと。法の理念としては予防拘束だから非常に危ない。アメリカは戦時下だから仕方ないだろう。戦時下で敵のスパイを捕まえようと極めて限定された特別に運用されるもの。
しかし、自民党が出している案は極端な話、飲み屋であの上司頭くるなぶん殴る、袋にするぞと言うだけで捕まっちゃう。言っている内容が懲役4年以上じゃないと成立しないんだけど。飲み屋で気が大きくなってぶっ殺すぞと言うと捕まる。
例えば、今出ている月刊現代でキッチュの松尾さんとさいとうたかおさんの鼎談しているんですよ。そこで革命だ、クーデターだ言うと国家転覆罪ですか。これはまずかろう。
民主党の法案にしても時間をかけていない。オウムの破防法ですらあれだけややこしかったのに。一番怖いのは法の恣意的運用は警察は最近特にやる。個人情報保護法見て下さい。あれは我々の個人情報を守るためだったのが、ウィニーで我々の情報はだだ漏れしていて、一方役人は懲戒受けても名前を出さない。事故が起きても病院の名簿も出さない。法の運用がちゃんと出されてない現状でこういう法律が出されたらどうなるか。
例えば法の恣意的運用を警察はやっていて、公務執行妨害。これは極左の活動家に関して体が触れただけでお巡りさんがおっととと転んで公務執行妨害と捕まえる。転び公妨と言うんです。
小西さん:森達也さんのドキュメントで出てきますよね。
勝谷さん:いつもマンションのポストにおねえちゃん派遣してあげようとか、やさしくマッサージしてあげようっていっぱい入っていて捕まった話を過去に聞かないけれど、ちょっと自衛隊反戦のやつを入れたら忽ち住居侵入罪で捕まえる。これこそ法の恣意的執行ですよね。特別な活動する人達だけだと思っていたけれども、それがまさに同じようにきてしまうんですよ。
小西さん:戦前の治安維持法は共産主義弾圧で、おいこらで。共産主義のところに国際テロ組織と入れるのと同じことですよ。
勝谷さん:一方で、近隣迷惑って多いでしょ。騒音おばさん、千葉の浦安で160回寿司の出前を注文した意地悪を続けた。捕まえられない。罪状はすし屋に対する威力業務妨害だけ。嫌がらせを受けた被害者に関して法律が無い。こういうところの法律、ごみ屋敷とかああいう近隣迷惑がないとワイドショーやっていけないくらい多い。平塚の5人遺体の事件でも、臭いがするといった時点で警察が入っていればもっと早く解決していた。これをうまくやると子供の虐待についてもできる。こういうことのほうが飲み屋で上司ぶん殴ろうかというよりもはるかに大事だと思う。

今日、山口組系の組長さん捕まりました。あれも公正文書不実記載という微罪ですよね。ああいうのも本筋からいけなくて、耐震偽装に関しても、ライブドアにしても何だか別件みたいなもの。要するに法の整備が出来ていない。政治家がはるかに怠慢。そういう拙速さに対して、これの異常な速さ。ここでいろいろ考えざるを得ない。
小西さん:石原伸晃君こういうのに熱心なんだね。
勝谷さん:お父さんがお父さんですから。

逆にやっと法の運用がなされたところもあって、検察警察が何を恐れているか。またバブル再燃で、前バブルの時そういうことで浮くれあがったお金がみんな闇社会に流れた。ベンジャミン・フルフォード氏の言うようにヤクザ・リセッション。それが死金になって焦げ付きなった。そういうことで後藤組に入ったのも一つにそれがある。東京に来た経済ヤクザの金が流れこむことで。
小西さん:ニューヨークタイムズからワシントンポストから日本経済とヤクザの関係を何回も特集を組んでいる。

勝谷さん:もう一つ大きな事件が大阪で、東京の新聞は全然書かない。大阪の朝日新聞は1面から2面から社会面から全部これ。大阪市から委託していた同和関係の団体の理事長が逮捕されたんだけれども、この人は山口組の関係者とずっとマークされていた人で、大阪市とべったりで地元の銀行が30億円貸し込んで全部焦げ付いて、その横領で捕まった。ずっと大阪府警はやりたくて仕方がなかったけど、今までいろいろな力関係で出来なかった。しかし、闇社会に金が流れるのはますいんじゃないかということで。これも国会の中に広がっていくでしょうね。
大阪市の赤字の原因はほとんど同和利権です。もっとひどいのは芦原病院と言う病院に市が補助金、貸付金で200億全部焦げ付いている。その時決済をした健康保険局長は今の関市長です。明らかになっていたけれども力関係で手がつけられなかった。東京のもいろんな力関係で出来なかったと思います。暴力団の中と、解放同盟と大阪市との関係もあるし。いろいろな闇の利権の本質に絡む問題なので段々やっていこうと思います。
大阪朝日素晴らしい。こういう踊りはどんどん踊って下さい。
(2006年5月10日TBSラジオ「ストリーム」より)詳しくはポッドキャストで
このコーナーの前にジャーナリストの溝口敦さんが経済ヤクザについて詳しく解説されていました。(その内容はポッドキャストでアップされていませんでした。
ついこの間まで菱和ライフクリエイトがストリームのスポンサーになっていましたが、この番組は聖教新聞がスポンサーだろうが学会のことを話題にしたりあまりスポンサーを気にしないのが良いところです。
共謀罪の前にヤクザを何とかしたほうが良いと思う。暴力団を潰すだけでなく、病院、学校法人、宗教法人、政治活動団体に潜ってしまったヤクザもあぶりださなくてはならない。
ほかの番組で宮崎哲弥さんが後藤組は政界、芸能界において大きな力を持っているので影響するのではないかと話していました。

|

« 山口組系暴力団の元組長に毎月二十数万円を資金提供 | トップページ | 一部が暴力団関係者などに流れた可能性 »

んー何だか」カテゴリの記事