« 鳥取条例凍結・世論と運動の反映 | トップページ | 問題は市町村 »

県独自人権救済条例の問題点

 「人権条例を無期限停止」

 茨城新聞3月25日号

奥平康弘・東大名誉教授(憲法学)のコメント

 「合理性に欠けた」

 

「解説・白紙から再検討すべき」

 「法務省が指摘するように、独自の条例が次々にできた場合、地方ごとに運用がバラバラになる危険性もある」

Torijilyourei

|

« 鳥取条例凍結・世論と運動の反映 | トップページ | 問題は市町村 »

つれずれ」カテゴリの記事