選挙ヘイト、警察庁も通知 「虚偽宣伝は刑事事件に」

選挙ヘイト、警察庁も通知 「虚偽宣伝は刑事事件に」
4/9(火) 共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000072-kyodonews-soci


 警察庁の田中勝也審議官は9日、参院法務委員会で、選挙運動に名を借りたヘイトスピーチに対し、差別発言の中で虚偽の宣伝などがあれば、刑事事件として取り上げるよう各都道府県警に通知したと明らかにした。

 警察庁の通知は3月28日付。警察庁が選挙に特化したヘイト取り締まりの通知を出したのは初めて。

 通知は(1)選挙運動だからといって不当な差別的言動の違法性が否定されることはない(2)差別的言動の中で虚偽事項の公表や選挙の自由妨害など刑事事件として取り上げるべきものがあれば適切に対処する(3)各地の法務局など関係省庁と連携する―という内容。

|

佳子内親王殿下の

佳子内親王殿下の国際基督教大学ご卒業に当たり宮内記者会質問とご回答 22/3/2019
http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/27

 

 

 

問4 秋篠宮さまは去年11月のお誕生日にあたっての記者会見で,佳子さまの結婚について「それほど遅くなくしてくれたらいいとは思います」と話されました。結婚の時期や,理想の男性像についてどのようにお考えでしょうか。お相手はいらっしゃいますか。眞子さまは,結婚に関する儀式を延期されていますか,家族としてどのように受け止めていらっしゃいますか。

ご回答
結婚の時期については,遅過ぎずできれば良いと考えております。理想の男性像については,以前もお答えしていますが,一緒にいて落ち着ける方が良いと考えております。相手がいるかについてですが,このような事柄に関する質問は, 今後も含めお答えするつもりはございません。
姉が結婚に関する儀式を延期していることについてですが,私は,結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので,姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています。
また,姉の件に限らず,以前から私が感じていたことですが,メディア等の情報を受け止める際に,情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています。今回の件を通して,情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています。

|

法務省、統一選控えヘイト初通知

2019年3月20日
法務省、統一選控えヘイト初通知
https://jp.reuters.com/article/idJP2019032001002067

 選挙の立候補者が街頭演説でヘイトスピーチをするなど、選挙運動や政治活動に名を借りた差別発言に対して、人権侵害であることを安易に否定せず「適切に対応する」よう求める通知を、法務省が全国の法務局に出したことが20日、分かった。選挙に特化したヘイト対策は初めて。問題は以前から指摘されており、4月の統一地方選を前に送付した。
 法務省人権擁護局は「選挙は差別の免罪符にはならない。事前にヘイトを予測して予防するのは難しいが、選挙後に取り締まる。演説がインターネットに載る可能性もあり、ネット対策もする」と説明した。
 通知は調査救済課補佐官の名で12日に送付した。

|

«破産者を可視化した「破産者マップ」閉鎖へ